FC2ブログ

正常な日本人と不気味で邪悪な反日勢力を簡単に見分ける方法

政治
03 /17 2019
応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。




秋篠宮眞子内親王殿下に

取り憑いた

超キモい小室圭について

深田萌絵さんと

杉並区議会議員

小林ゆみさんが語る




↑の動画を見れば

爆笑すると同時に


正常な日本国民

不気味で邪悪な反日勢力の違いを

一目で理解できます。

以下、↑の動画の要約








◆深田 

小室圭みたいな男は許せない


◆小林 

本当にイライラする


◆深田 

我が国の姫に

あんな男が

寄ってくること自体が

言語道断なんだけど、

そもそも、

あれ(小室)が

自分の女友達に寄って来たら

叩きつぶす。


◆小林 

私も叩きつぶす。


◆深田

おまえ(小室)が

結婚申し込んでくるんだったら

まず金稼げ。


◆深田 小林

眞子様の女友達も言ってやって

「そんな男はダメだ」って。

「男は

金稼がないと

ダメなんだ」って。


◆深田 

何が「海の王子」だ、

その前にオマエ就職しろ。




中略



◆小林ゆみ

(小室は)恥とか罪の概念を

感じてないような

顔をしてる。




後略







と、

これが

正常な日本人、

正常な日本国民の感覚です。


それに対して

一部週刊誌等は

「何故、

お二人の恋愛を

温かく見守ってあげないのか?」

「何故、

お二人の結婚を

外野が妨害するのか?」

とか妄言を垂れ流し、


反日売国の化身と化した

漫画家の小林パチのりや

田原総一朗のような

ダニ連中は


「『ダメな人だけど

私が尻を叩いて

立派に育てる』

と眞子様が

仰られれば済む話だ」云々

と喚き出す始末です。


眞子内親王殿下を

小室と結婚させたいクズどもは

テメエの娘に

娘の実家のカネ目当ての

ヒモみたいな奴が

寄ってきたときに

同じことが言えるのか

っていう話です。


今の我が国には

漫画家の小林パチのりや

反日左翼ジャーナリスト

田原総一朗のように

我が国の皇室に

どこの馬の骨か分からない

キモいキモい

ヒモみたいな輩を

潜り込ませたくて仕方がない

頭のおかしな連中が

大量に繁殖しています。

小室問題は氷山の一角です。

日本社会の

ありとあらゆるところで

小室問題と同じことが

起きています。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。
スポンサーサイト

鷲田康という犯罪者

スポーツ文化
03 /06 2019
応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。




文藝春秋三月号に、

ベイスターズの筒香嘉智選手が

鷲田康という

スポーツライターの取材、構成で

手記を寄せていますが、

その中で筒香選手は、

以下のようなニュアンスのことを

書いています。






「ドミニカの少年野球においては

指導者と子供たちが対等で、

子供たちに対する

リスペクトが感じられ、

子供たちに対して指導者は

教え過ぎない」

それに対して

「日本の少年野球では

指導者が

勝利至上主義のために

初めから、ああしろ、

こうしろと教え過ぎる

そのため

スポーツマンシップや

子供の心身の成長が

疎かにされている。」






しかし、

少し前の私のブログで

ご紹介したように↓

筒香さん、菊池雄星さんへ

国民の半数が

極度の貧困にあえぐ

ドミニカでは

日本のように

金銭目的ではなく

善意で子供たちに

野球を教える指導者は

ほとんど存在せず


「ブスコン」と呼ばれる

「非公式の代理人」や

ブローカーが

将来有望そうな

ドミニカの野球少年の

野球指導を買って出て

目を付けた野球少年を

知り合いのスカウトを通じて

メジャーリーグに売り込み

入団が決まったら

契約金の10パーセントを

手にする。


こういうことが常識で

野球を教える側と

教わる側が

ドミニカの場合、

金銭を媒介にした

「雇い主と使用人」のような関係だから

「対等であるように見える」

だけで


(そういえば

テニスの大坂なおみさんの

コーチ解雇に関して、

山口奈緒美という

日本の馬鹿な

女のスポーツライターが

日本以外の国では

選手とコーチの関係は

雇い主と使用人、

日本のように

弟子と師匠のような

ウェットな関係ではない。と

あたかも

「日本の感覚がおかしい」

と言わんばかりに

得意気に書いていました。

山口みたいになれば

人間終わりです。)


我が国では、

少年野球指導者の皆さんは

野球少年の

非公式の代理人でも

ブローカーでも

使用人でもなく

「金銭など度外視して

善意で純粋に

弟子に野球を教える

師匠のような存在」

なので

子供たちと

対等の関係にはならない


そういう

文化的、社会的背景の

違いがあります。


残念なことに

筒香さんやダルビッシュさんが

日本の野球文化や

日本の少年野球指導について

語る時の様子からは

自分たちを育んだ

日本の野球文化や

日本の少年野球や

ご自分たちが

少年時代や高校時代に

指導を受けた

野球指導者の方々に対する

感謝や愛情や誇りというものが

全く感じられず

逆に、それらに対する

侮蔑のようなものを感じます。


筒香さんや

ダルビッシュさんは

「救いようがないくらい

ダメな日本の野球文化」
の中で

自分たち(筒香さんやダルさん)自身も

育ったにもかかわらず

「自分たち(筒香さんとダルさん)だけは

個が確立されていて

日本の悪しき野球文化に

染まらなかったので

一流の野球選手になれた」

とでも

考えているのでしょうか?


日本の野球文化に対する

「感謝の心」や「愛情」を

動機として

日本野球を改革すれば

日本野球の未来は明るいですが


それとは逆に

日本人にとっての

宝物である甲子園を

「病(やまい)」と断ずる

頭のおかしな

氏原英明ら一味のように

日本の野球文化に対する

侮蔑や敵意を動機として

日本の野球を

改悪しようとすれば

必ず最悪の結果を招きます。


金銭目的で

ドミニカの野球少年の

周囲をウロつく

野球ブローカーや

非公式代理人を

「野球少年たちに対する

リスペクトがある云々」


賛美する一方


自分たち自身の

利害は度外視して

筒香さんやダルさんを

大金を稼げる

プロ野球選手に育てあげた

名もない善意の

日本の少年野球指導者の

皆さんたち


蔑み、貶め、踏みにじり

筒香選手やダル選手に

取り憑いて、

日本の野球文化を

破壊するよう

扇動、洗脳している

氏原英明、鷲田康、

広尾晃、ナガオ勝司

その他、

日本の反日スポーツライターどもは

人間のクズです。


日本の野球文化と

ドミニカの野球文化が

成り立っている

社会的、文化的背景の違いを

意図的に隠ぺいし


「日本の

少年野球指導者には

子供たちに対する

リスペクトがない云々」


日本の野球文化を

一方的に

こきおろすことは

日本の野球少年たちに

被害者意識や

指導者の皆さんに対する

不信感や反抗心を植え付け

指導者の皆さんと

子供たちの信頼関係を壊し、

本来であれば

無限の可能性を持った

日本の純粋な野球少年たちの

未来の芽を摘んでしまいます。


(それこそが

氏原、鷲田、広尾、ナガオらの

意図するところです。)


自分たちは

世界一幸せだということを

日本の野球少年たちに気づかせ

彼らに

被害者意識ではなく

感謝の心を

持たせてあげること。

それが、

まともな

日本の大人の

やるべきことです。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。

筒香さんダルさん、頭のおかしな奴らに騙されちゃダメ

スポーツ文化
03 /03 2019
応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。


日本のスポーツ選手の皆さん

↓の動画をご覧ください。




今の日本の国が

まっしぐらに

衰退に向かっている

その原因が

↑の動画を見れば

一目瞭然です。




次から次へと湧いて出てくる

日本の頭のおかしな

反日スポーツマスコミ関係者の中の

球数制限推進派ですが


(球数制限推進派の

隠された真の狙いは↓です。


筒香さん、菊池雄星さんへ

氏原英明、鷲田康、広尾晃、

そして今回取り上げるのが

ナガオ勝司とかいうアホです。

ナガオ勝司の↓の記事を


https://number.bunshun.jp/articles/-/838421

ご覧ください。

上記の記事の中でナガオは







高校野球は、

誰のためにあるのか――。

もしも、

あなたがちょっとでも

野球のことが好きで、

何かの縁でこのコラムを読んだなら、

一度でいいから

真面目に考えて欲しい。








と書き出し、







もしも、

あなたがちょっとでも

野球のことが好きだと言うのなら、

一緒に考えて欲しい。

高校野球は、

「子どもたち」のためにあるのか。

高校野球は、

「大人たち」のためにあるのか。

高校野球は、誰のためにあるのか。

その問いは今、

我々、全員に

向けられている――。








と結んでいます。



つまり、

「球数制限を

推進する連中だけが

日本の

子供たちのことを

考えていて

球数制限を

推進する連中だけが

日本の野球を愛していて

球数制限に反対する人間は

野球を愛しておらず

日本の子供たちのことを

考えておらず、

大人の都合で

子供たちを

利用しているだけだ」




ナガオ勝司は言うわけです。

まあ

ナガオ、鷲田、氏原、広尾その他

頭のおかしな

反日スポーツライターどもが

日本の野球文化を破壊し

野球日本代表が

WBCや五輪で

ボロ負けするよう

日本野球を弱体化させるため

そのような詭弁を弄するのは

理解できますが、


そういうクズ連中の詭弁に

まんまと

筒香さんやダルビッシュさんが

騙されて

その犯罪行為に

手を貸すというのは

トンデモナイ話です。


「子供たちが将来、

WBCや五輪のような

世界の闘争の舞台に立った時に

そこで勝ち抜くための力や

精神的な強さ」を

彼らに付けてあげるのも

子供たちのことを考えた

日本の大人の優しさであり、

日本の野球に対する愛情です。


筒香さんや

ダルビッシュさんご自身は

日本の古き良き野球文化の

厳しさの中で育てられ

世界で戦える力を

身につけさせてもらい

WBCやメジャーリーグで

存分に力を発揮しながら


自分たちの後輩の

日本の野球少年たちに対しては


「球数制限や

野球の娯楽化で

健康になったんだから

それでいいだろ

後は競技力が低下しようが

WBCや五輪でボロ負けしようが

知ったこっちゃない。」


ではあまりに無責任です。

「成長期の過度な酷使」は

慎むべきであると同時に

「成長期が

終わった直後から始まる

無限の可能性を持つ

ほんの短い時期に

徹底的に鍛えに鍛え

彼らの可能性の限界を

どこまでも伸ばしてあげる。

夏の甲子園の修羅場を

経験させてあげる」


それこそが

真の大人の愛情だと思います。


ナガオは詐欺師です、

騙されないでください。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。

がんばれ藤浪晋太郎

スポーツ文化
03 /01 2019
応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。


ついに

醜悪な正体をあらわした

アナーキスト橋下徹↓






かつて橋下を絶賛していた

作家の百田尚樹さんは

↑の動画を見て

何というのだろう?




藤浪晋太郎投手こんにちは、

いつも練習お疲れ様です。


私は藤浪選手の大ファンです。

藤浪選手は本当に

人柄が素晴らしいので

応援したくなります。

前回WBCの

野球日本代表監督K久保氏は

「完全に頭がおかしかった」

だけです。

気にしちゃ負けです。


ああいう頭がおかしな輩は

藤浪選手ご自身の

今後の活躍、成功のために

精神的に許し、解放し

記憶から完全に

消し去ってください。

そして、

藤浪選手を信じ、応援している

ご家族や仲間や

周囲の皆さんに対する

感謝の心だけを胸に

未来に進んで行ってください。

ということで、

今日は藤浪選手に是非とも

聞いて頂きたいお話があります。


日本の近鉄バファローズや

メジャーリーグの

ニューヨークメッツ等で

投手として活躍し、

現役引退後は

北海道日本ハムファイターズの

投手コーチを務めていた

吉井理人さんが

今から何年か前、

現役時代にTVの番組で


「メジャーリーグでは

投手が夜の試合で登板した後、

すぐにエアロバイクをこぐので

翌日の疲れが違う、

メジャーは進んでる」


みたいなことを

話していました。


しかし、

少し考えてみると、

金田正一さんや

稲尾和久さんを始め、

日本のプロ野球で何百勝もした

かつての日本の大投手は、

ほとんど例外なく、

普段の練習で毎日

マラソンランナー並みに

かなり長い距離を走っていました。

春夏連覇を達成した

横浜高校時代の

松坂大輔投手も全く同じです。


つまり、

かつての日本のプロ野球で

何百勝も挙げた大投手は


(横浜高校時代の松坂大輔投手も)

普段の練習で日常的に

マラソンランナー並みに

走っているので

体質そのものが極めて

エアロビック
(有酸素的)になっていて

かなりの球数を試合で投げても

肩や肘に蓄積した疲労が抜けるのが

異常に早かったということです。


また、

↓のページに書かれているように


https://www.chiropratica.jp/マフェトン理論%E3%80%80part1-エアロビックトレーニングが/

日常的な有酸素トレーニングによって

エアロビックな体質を作ってしまえば、

(とは言っても

週三回くらいの頻度で

コンスタントに長い距離を

走っていないと

エアロビックな体質は

維持されないわけですが)


関節を始め

身体の全ての組織が

健康で頑健になり、

負荷の強い運動をしても

故障しにくくなるとのことです。


近年、ダルビッシュ投手なんかが、

日本の

頭のおかしな

反日スポーツライターどもに洗脳され


「野球の練習に

長い距離を走るのは

無意味だ」


みたいなことを言い出し、

日本の野球文化破壊に精を出しながら、

ダルビッシュ投手自身、

故障が頻発していましたが


日本の野球選手(投手)の

練習での走り込みを激減させ、

肩や肘を故障しやすい脆弱な、

「非エアロビックな体質」にさせておいて

「球数を多く投げると故障する」と言って

球数制限を強制する。


これが、

日本の頭のおかしな

反日スポーツマスコミ関係者

球数制限推進派の

詐欺的手法です。


ということで

藤浪選手、

最近のネットのスポーツニュースで

藤浪選手の練習の様子を拝見すると、

藤浪選手は

かなりの球数を

投げ込んでいるとのことですが、

球数を投げ込んでいる時は必ず

(あるいは日常的に)

投げ込んだ後に距離は長めで

負荷は軽いジョギングを

するようにしてください。


それが肩や肘を

故障から守る

最善の方法です。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。

筒香さん、菊池雄星さんへ

文化破壊
02 /22 2019
応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。


日本国民必見

日本のマスコミが隠ぺいする

アメリカの真実↓






筒香さんや菊池雄星さんを

裏で操っている黒幕の中心人物が

氏原英明と鷲田康だということは

↓の記事を読んで分かりました。


https://number.bunshun.jp/articles/-/833471

筒香さんの最近のマスコミを通じた

日本の少年野球指導に対する提言は

日本人の伝統的国民性や

日本の伝統的スポーツ文化と

密接に関連する問題ですが、

それぞれの国の国民性や

スポーツ文化というものは

非常に複雑で

様々な要素によって

成り立っています。


日本のスポーツ文化の

一部分だけを切り取って批判し

そこを全面的に破壊してしまうことは

後で取り返しのつかない結果を招きます。


以下、

中島大輔著

「中南米野球はなぜ強いのか」

(亜紀書房)から抜粋引用です。




▼以下引用



前略



現地到着翌日の日中に

エスタディオ・キスケージャを訪れると、

(エスタディオ・キスケージャは

野球場

ドミニカ野球の聖地のような場所)


敷地の外、

センターバックスクリーンの

裏にある空き地で

バット片手に遊ぶ

少年たちが一〇人ほどいた。

ストリートベースボールに

熱中する彼らは、

一〇歳くらいだろうか。




中略



組織プレーなど気にも留めず、

ただ楽しそうに

ボールを追いかける姿が微笑ましい。

その奥では、

一三歳ほどの少年たちが

ロングティーを行っていた。

隣で遊んでいる

子どもたちとは異なり、

真剣な表情で取り組んでいる。

痩身の少年が多く、

総じて体格のいい

ドミニカ人メジャーリーガーの

イメージとはかけ離れていた。

二人のコーチらしき

大人の男性がいるものの、

少年のスイングが力み過ぎていたり、

バットが遠回りしたりしていても、

指示を与えることはほとんどない。

そのうちの一人、

ボストンレッドソックスの帽子を

かぶっている男性に話しかけると、

コーチではなく

非公式の代理人だった。

彼らはスペイン語で

「ブスコン」といわれ、

なかには

ブローカーのような者もいる。

「優秀な選手を発掘し、

知り合いのスカウトを通じて

メジャーリーグに売り込むんだ。

入団が決まった場合、

契約金の一〇%を

手にすることができる」

エスタディオ・キスケージャで見た

この二つのシーンは、

ドミニカ野球の原風景だ。




中略



マルティネスによると

(日本の西武ライオンズと

巨人で活躍した

ドミニカ人の

ドミンゴ・マルティネス)


ドミニカに生まれた

すべての少年たちは

物心つく前後から

バットとボールで遊び、

プロになることに憧れて

大きくなっていく。

国民たちにとって

野球は最大の娯楽であり、

情熱を注ぎこむ対象だ。

同時に、野球は現実を変え、

夢をかなえる手段でもある。

ドミニカでは

国民の半数が貧困層とされ、

月収四〇〇ドル以下で

暮らしている。

国中で

手足がガリガリの子どもたちを

頻繁に目にするのは、

満足に食べられないことが

理由だろう。

そんなドミニカには

観光業くらいしか

主たる産業がなく、

少年たちにとって、

野球は貧困を脱出する

数少ない手段だ。




中略



国民の半数が

貧困に苦しむドミニカと、

世界でも有数の

先進国である日本では、

生活環境から

人々の価値観まで、

あらゆるものが大きく異なる。

日本の常識は

ドミニカの非常識であり、

その逆もまた然りだ。




中略



ドミニカ人にとって、

野球はあまりにも

大きな意味を持っている。

常夏の大地に生を受けた

少年たちのほとんどが、

バットとボール、グローブを使った

遊びに夢中になる。




中略



野球少年たちは

大きくなっていく過程で、

プロになって家族の生活を

楽にしたいと考えるようになる。

そうして才能に恵まれた者は、

一家を背負って生きていく。




中略



そうして

ほんの一握りの選手だけが、

メジャーの世界に

上り詰めることができる。




後略



▲以上、引用終わり



ドミニカの少年たちにとって

野球が純粋に喜びであり、

純粋に楽しみであるのは、

ドミニカの極度の貧困という

社会的背景があるからです。


日常の貧困を忘れるため

もっと言えば

貧困から逃避するためには

野球は楽しみであり、

喜びでなければならない。

これは当たり前のことです。


(野球以外にドミニカには

子どもが楽しめる

健全な娯楽がない。)


しかし、

日本の野球少年の多くは

貧困を忘れるため

貧困から逃避するための

娯楽として

野球をするのではありませんし、

「野球によって一攫千金」

とはいっても

メジャーリーグでの年俸の額に

まったくこだわらない

大谷翔平選手を見ればわかるように

近年の豊かな日本と

貧しいドミニカでは

全く意味が違います。


そして

ドミニカとは違って日本には

野球以外の娯楽も沢山あります。


野球ドミニカ代表がWBCで

世界一になることができた理由は、

日本とは全く違った形で

野球というスポーツの

娯楽としての側面と

闘争としての側面が

バランスよく

保たれているからです。


娯楽としての側面は

先に書いた通りですが


「ドミニカ野球の闘争としての側面」

を支えているのは、

極度に貧困な社会背景の中で

プロ野球選手や

メジャーリーガーになるための

日本とは次元の違った

過酷な生存競争であり

貧しい家族の生活を

一人の少年が

プロ野球選手として背負っていく

その責任感です。


筒香選手は

ドミニカの少年たちが

野球で楽しく遊ぶ姿だけを見て

ドミニカの野球文化を理想化し、

ドミニカの少年たちにとっては

貧しい日常生活そのものが

一種の闘争であること。

そして

プロ野球選手、

あるいは

メジャーリーガーになるために

どれほど

過酷な闘争をドミニカの

野球少年たちが

強いられているかを

見ていません。


(とはいっても

ドミニカの野球少年たちは、

夢を追っているだけで、

闘争を強いられているとは

感じていないかもしれません。

そしてそのことは

甲子園を目指す

日本の野球少年も同じです。)


しかし、

筒香選手や

菊池雄星選手を陰で操り

日本の野球文化破壊の

道具として利用している

氏原英明や鷲田康は

「スポーツ競技としての野球には、

野球日本代表が

世界で戦っていくためには

(WBCで勝ち抜くためには)

日本野球に

娯楽としての側面だけでなく

闘争としての側面が不可欠だ」

ということを

充分に知り尽くしています。


繰り返しますが

我が国では野球以外にも

サッカーその他、

子どもたちに

人気のあるスポーツは

沢山ありますし、

ゲーム等の娯楽も

ドミニカとは違って

豊富に存在します。

そんな中で

日本の子どもたちが

野球を選ぶのは、

日本の先人の皆様が

懸命に努力し作り上げ、

大切に守ってきた

「栄冠は君に輝く」↓という



名曲に象徴される

「甲子園という感動の舞台」の存在が

何よりも大きく影響していて

「『キャプテン』のような

野球の魅力を伝える

素晴らしいアニメ↓や



漫画の存在」

等も大きく影響しています。


日本という平和で豊かで

治安も良好で、

言わば「ぬるま湯的な国」の代表が

ドミニカのように日常生活から

過酷な生存競争にさらされ、

治安も悪く

貧しい国の代表と

WBCのような闘争の舞台で

互角以上に戦い、

二度も世界一になることができたのは

夏の甲子園という

「感動の舞台」であると同時に

「過酷な闘争の場」での

「死闘の経験そのもの」


(特に、

一発勝負のトーナメント制

というのが

決定的な意味を持ちます。)




甲子園に出場するための

県予選での熾烈な戦いや

夏の甲子園を戦い抜くための

日常の、

これもまた

過酷な部活動での練習が

「日本野球の闘争としての側面」を

強力に支えているからで、

日本の少年野球は

「甲子園で戦うという夢」をかなえる

準備段階として機能しています。


日本の少年野球指導の問題に関しては

別の機会に書きますが、


筒香選手、菊池雄星選手、

気づいてください。

氏原英明や鷲田康らの

邪(よこしま)な意図は明白です。


氏原と鷲田その他、

筒香選手や菊池雄星選手

その他の

日本のプロ野球選手に

取材という名目で取り憑き、

日本の野球文化を破壊するよう

扇動、洗脳している

クズのような連中は

ドミニカの野球文化の

影の部分を意図的に隠蔽し、

ドミニカの野球文化を

過度に理想化すると同時に、

日本の野球文化の

一見すると

負に見える部分だけを

徹底的に拡大化し

日本の野球文化に

悪のレッテルを貼り


(氏原の主著の題名は

「甲子園という病」です。

長年にわたり

我々日本国民に

限りない夢と感動を与えて

勇気づけてくれてきた、

日本人だけが持っている

「甲子園という宝物」に

ツバを吐きかけ

病気だと決めつける。

こういうクズを

私は絶対に許しません。)


野球日本代表が

世界で勝つために不可欠な

「日本野球の闘争面」を支えている

様々な機能を破壊するため

そこの部分に対して

集中的に攻撃を

仕掛けてきています。


氏原や鷲田にとって

「日本の野球少年の健康云々」は

日本の野球文化を破壊し、

日本野球を弱体化させるための

方便にすぎません。


「球数制限の導入」や

「少年野球の娯楽化」その他、

氏原や鷲田らが喧伝する

日本の野球文化破壊を実行すれば、

「日本野球の

闘争としての側面」

「日本人の勤勉性」

「克己の精神」等

日本の競技スポーツ文化の土台が

根こそぎ破壊され

野球日本代表は弱体化し、

数年後、数十年後には

惨憺たる事態が日本を襲うでしょう。


そしてそれこそが

氏原と鷲田の真の狙いです。

氏原や鷲田に限らず、

今の日本のマスコミ、

スポーツマスコミ関係者の中には、

日本人の伝統的国民性や

日本の伝統的スポーツ文化の

破壊を通じて

日本人という民族共同体を

衰退、崩壊させることを目的とする

カウンターカルチャー(文化破壊)的な

アナーキストもしくは左翼が

大量に繁殖しています。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。

多聞兵衛