fc2ブログ

日本を貶め辱めるRIZINの反日分子・榊原信行

スポーツ文化
01 /28 2024
応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。










日本の民放TV局から

日本人が完全に排除される以前の

正常な日本人が

日本の少年向けアニメを作っていた時代の

日本のTVアニメの主題歌は

↓のような感じでした。







荒野の少年イサム↑の

OP主題歌の歌詞のサビの部分が↓







正義に燃える魂よ

無法の銃をはねとばせ

苦しみなんかに負けるなよ







(今の日本で

荒野の少年イサムのようなアニメを作ることは

絶対に不可能です。

何故なら、



「日本の少年たちの正しい勇気や

悪に対する怒りを育むような

このような健全なアニメは

日本人を戦争に駆り立てる」



という理屈で

日本のTV業界やマスコミ業界に潜り込んだ

反日左翼や反日的半島系渡来人によって

潰されるからです。

日本人の精神的武装解除は

既に完了しています。)








エンディング↑の歌詞のサビの部分が↓







悪には負けない日本の心







日本の武道・武術の源流である剣術は

鹿島神宮・香取神宮の神官によって

修業されたのがその始まりで

日本の武術・武道には

邪(よこしま)な悪を懲らしめ

正義を顕(あらわ)す

破邪顕正(はじゃけんせい)という

絶対的な原則が存在します。

今現在でも多くの武道場で

神棚と共に

香取神宮、鹿島神宮の

御札、掛け軸等が祀られているのは

鹿島神宮の主祭神が

戦いの神様・建御雷之男神であることと

日本の武道が神社の神官によって

始まったことにちなんでいます。

そういう歴史的経緯から

我々の国、日本では

戦いにおいては

敵を罵倒したりすることなく礼節を守り

卑怯な手を使わず正々堂々と戦うことを重視します。

剣道、柔道、空手その他の武道

あるいは様々な競技スポーツにおいても

かつての日本では

破邪顕正という原則が守られてきたのは

真剣勝負という言葉があるように

闘いの究極的な形は「命のやり取り」にあると考え

真剣勝負である以上、たとえば

戦う前に相手を罵ったり

倒した敵に恥辱を加えるようなことをして遺恨を残し、

闘争そのものが醜いものになることを慎まねばならない

という

我々の先人の皆様方の

尊い知恵があったればこそだと思います。

翻って近年の日本の競技スポーツ、

就中、総合格闘技の世界ではどうでしょうか?

対戦相手を罵り、世間の好奇の目を騒がせ、引きつければ

試合に対する注目度が上がり、

視聴率が上がり、観客動員につながる

ということで

RIZINの榊原信行のようなチンピラに煽動され

本来、誇り高き者であるはずのファイターが

「金さえ儲かれば何でもあり」とばかりに

猿芝居を繰り返し、

日本の若者たちに悪影響を与える害毒を垂れ流し、

何ら恥じるところのない始末です。

今の日本の総合格闘技界が

このような惨状に立ち至ったのは

半島系・渡来人である力道山に始まる

八百長プロレス業界の罵りあいが

その事の発端だと断じていいと思います。

究極は「命のやり取り」である真剣勝負である以上

「礼節を守らなければ遺恨を残す」とする

日本の武道的な考え方が

八百長だからショーだから猿芝居だから

金儲けのために対戦相手を貶めたほうが得だ

という半島系渡来人の

醜悪な考え方に毒されているのです。

日本のファイターたちよ

日本人の誇りを思い出してください、

反日的なチンピラ榊原信行に煽動されるな

もうこれ以上、日本の国を、日本人を辱めるな貶めるな。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。
スポンサーサイト



今、イチローさんが戦ってくれているもの

スポーツ文化
01 /08 2024
応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。














指導者がね、監督、コーチ、

どこ行ってもそうなんだけど、

厳しくできないって、厳しくできないんですよ、

時代がそうなっちゃっているから

導いてくれる人がいないと楽な方に行くでしょ

自分に甘えが出て、結局苦労するのは自分

厳しくできる人間と

自分に甘い人間、どんどん差が出てくるよ

できるだけ自分を律して厳しくする。








僕五〇歳になったんだけど、

去年までの最速が134キロ

僕の中で〝135キロの壁〟があった。

昨日、何球か138キロがあった。

五十歳になって球速が上がるということは

あまり自然なことじゃない

でも、毎日そうやって

限界を迎える練習をいていると

こうなる。




https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/11/06/kiji/20231106s00001002555000c.html



イチロー氏「指導する側が厳しくできない」

時代の流れ「酷だけれど…自分たちで厳しくするしか」



「今の時代、指導する側が厳しくできなくなって。

何年くらいなるかな。

僕が初めて高校野球の指導にいったのが

2020年の秋、智弁和歌山だね。

このとき既に智弁の中谷監督も

そんなこと言ってた。

なかなか難しい、厳しくするのはと。

でもめちゃくちゃ智弁は厳しいけど。

これは酷なことなのよ。

高校生たちに自分たちに厳しくして

自分たちでうまくなれって、

酷なことなんだけど、

でも今そうなっちゃっているからね。

迷ったときに、

この人ならどう考えるんだろって存在は、

そんな自分で整理して

これが正解だと思うっていけないですよ、なかなか。

かといってじゃあ友達にそんなこと言ってさ、

それも違うでしょ。

どうしてる?迷ったとき。

誰に相談するの。

自分の中で整理して進むしかないの?

どうであってほしいと思う?

厳しくしてほしいって子もいるでしょ、中には」。



自主性や褒めることを

重んじる教育の流れの中で、

厳しく指導することの

さじ加減の難しさを指摘し、

高校生の心中を慮った。

「自分たちを尊重してくれるのは

ありがたいんだけど、

分からないこともいっぱいあるから

もう少しほしいんだけどってない?

あるよね」



と語り、



「これはなんかね、

高校野球というよりも大きな、

もうちょっと大きな話になっちゃうね。

でも自分たちで厳しくするしかないんですよ。

ある時代まではね、

遊んでいても

勝手に監督・コーチが厳しいから

全然できないやつが

あるところまでは上がってこられた。

やんなきゃしょうがなくなるからね。

でも、今は全然できない子は

上げてもらえないから。

上がってこられなくなっちゃう。

それ自分でやらなきゃ。なかなかこれは大変」



と様変わりした現代では、

選手がより自身を律することが求められる

過酷さを指摘した。








↑高校野球女子選抜との試合で、

足にけいれんを起こしながらも

先発投手として

最後まで投げ切ったイチローさん。




◆イチローさんが今、戦ってくれています。

日本の高校球児たちに強制された球数制限が

球児たち、ひいては

日本野球全体に与える

致命的な悪影響に関して

日本人はあまりにも

無関心ではないでしょうか?

大谷翔平選手が

今現在実行している二刀流は、

自身の体力の限界

可能性の限界に挑むような

「国民性に根づいた勤勉性」を持つ

「日本人ならでは」の発想です。



(「老人の発想」以外の何物でもない球数制限と

可能性に挑む若者の発想である二刀流は

水と油で絶対に相容れません。)




日本野球が世界で勝つために不可欠な

競技スポーツとしての日本野球の闘争面を

これまで支えてきたのは

厳しさ、勤勉性、克己心といった要素ですが

球数制限は

それらを根こそぎ破壊する毒をもっています。



(球数制限の悪影響というものは、

日がたつにつれ確実に深く深く

可能性に挑もうとする

日本の高校球児たちの勤勉性や

自分自身に打ち克とうとする克己心を

蝕んでいくでしょう。

球数制限こそは

日本の球児たちの足首に

鎖で括りつけられた

重い重い鉄球です。)




日本の高校野球文化というものは、

夏の甲子園という過酷な環境で

最後まで戦い抜き優勝するため

普段の部活動で気力・体力の限界に挑むような

そういう厳しい練習を繰り返している

高校球児たちによって支えられてきました。



過去の日本の高校野球に

感動やドラマやヒーローが続出したのは

そういう球児たちがいたからですが、

日常の厳しい練習によって

横浜高校時代の松坂大輔さんのように、

ムダなものが全て削ぎ落されたかのような

精悍な面構えをした丸刈りの高校球児たちは

今や絶滅寸前となり、

代わって近年の甲子園に出現したのは

エンジョイだとか自主性だとか綺麗ごとを並べる

サラサラヘアーで

アゴのたるんだニヤけた若者たちです。



(お断りしておくと

私は今の高校生たちを

非難しているのではありません。

今の高校生たちを

「エンジョイ」だとか「自主性」だとかいう

綺麗ごとで丸め込み



「日本の若者たちにとって

一番重要なものは何なのか」



それを彼らに

自分自身の頭で判断させることなく、

自分の主張の言いなりにさせ、洗脳し、

日本の高校野球文化を破壊するための

道具として利用している

慶応高校野球部監督・森林貴彦と、

その一味である

スポーツグラフィックナンバー系の

反日スポーツライターたちを批判しています。)




競技スポーツとしての日本野球の未来を

真剣に考えている責任ある日本人は

「競技スポーツとしての日本野球の強さ」を

これまで縁の下で支えてきた

「厳しさという機能」を

球数制限という毒薬によって破壊し

日本の高校野球の存在意義を

根こそぎ否定するようなことは

絶対にしないものですし、

もしそのような愚行をなすのであれば

高校野球における厳しさを守るために

代わりに何らかの処置を講ずるものです。



野茂英雄、イチロー、松井秀喜、

松坂大輔、田中将大、大谷翔平

かつてメジャーリーグで活躍した、

また今現在活躍している

偉大な日本人プロ野球選手たちは

球数制限という毒薬が存在しない

日本の球児たちが可能性の限界に挑めた

健全な時代に育ちました。



球数制限という毒薬を葬り去らない限り

今後、日本野球の衰退、弱体化は

絶対に避けられませんが、



(その弱体化の象徴が慶応高校の優勝です。

「自分の頭で考える」というのは

もちろん大事なことですが、



【過去の日本の高校球児は

自分の頭で考えていなかった

という

森林貴彦や

スポーツグラフィックナンバー関係者の

一方的な決めつけほど

日本人を

日本野球そのものをバカにした

失礼な物言いはありません。

森林貴彦の主張に従うと

野茂英雄、イチロー、松井秀喜、

松坂大輔、田中将大、大谷翔平らは皆

自分の頭で物事を考えられない

ボンクラということになるからです。】




それと同じか、それ以上に

競技スポーツにおいて重要なのは

頭で考える前に身体が反応するよう

厳しく鍛錬するということであり、

慶応高校が優勝できたのは、

球数制限その他で厳しさが失われ

甲子園そのものが「ぬるま湯化」し、

高校野球全体のレベルが

著しく低下したからだと

当ブログは考えます。)




その危機感を

誰よりもイチローさんは感じているからこそ

高校野球女子選抜との試合で



(バカな大人に言いくるめられて

自分を甘やかすだけでは

一流のプロ野球選手にはなれないんだよと)




足にけいれんを起こしながらも

最後まで投げぬき、



「今は指導者が厳しくできない時代だから

酷なことだけれども

日々の練習で限界を迎えるまで

自分を追い込むしかないんだよ」








全国各地を飛び回り、事あるごとに

日本の高校球児たちに訴えてくれています。



一人でも多くの日本の野球人の方々が

イチローさんと同じ危機感を共有し

WBC優勝をもたらした

世界に誇れる日本の野球文化を守るために

何らかの行動を起こしてくださることを

切に祈ります。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。

イチローさんVS森林貴彦

スポーツ文化
12 /29 2023
応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。
















◆↑の動画でイチローさん↓


「声を張っていきたいね。」

「小さいな声が!」

(久我山の選手の声が小さいことに対して)








https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/898934?page=3



◆イチローさん







「高校の時、全然声を出さなかった。

チーム内で一番声を出さなかった。

黙々とプレーをしたタイプ、

その考え方は今は変わってます。

当時の僕に今の僕が会ったら、怒ります。

当時の僕は、仲良しチームじゃなかった。

甲子園よりも

プロって目的を持ってやってたので、

ダメな高校生だった。







▼慶応高校の場合



https://president.jp/articles/-/67671?page=1



「さあ、行こうぜ」「元気出そうぜ」は無駄なんです

塾高(慶応)の練習風景はやはり静かだった。



中略



3年前、ある雑誌の取材で訪ねた時と何も変わっていない。

「静けさ」こそが塾高らしさなのだ。

東急東横線日吉駅、

慶應義塾大学キャンパスの銀杏並木の奥に高校があって、

校舎を突き抜け“マムシ谷”を降り、

登っていくと金属バットで硬球を打ち返す

カキーンという音だけが聞こえてくる。

それ以外は何も聞こえてこない。

前監督で昨秋まで

慶大野球部コーチを務めた上田誠(65歳)が

「声のない」理由を教えてくれた。

「私は慶大(野球部)の監督をしていた

前田祐吉さんに誘われて

塾高の監督になったんですが、

ある時、大学の練習を見に行ったら、

『静かに集中してやれ、余計な声はいらない』

って

前田さんが学生に言っているんです。

『さあ、行こうぜ』とか『元気出そうぜ』とか、

無駄なんですよ」







現役選手を引退後

全国各地の高校野球部を訪ね

球児たちを指導してくれているイチローさんですが、

イチローさんは野球の練習中、

声を出すことを非常に重視しています。


それに対して

慶応高校野球部の練習の特徴は

「静けさ」らしいです。


皆さんはどう思われますか?



今の慶応高校野球部の練習が静かなのは、

前監督の上田誠が

慶応大学野球部の練習を見に行った際、

当時の慶応大学の前田祐吉監督が

練習中の学生たちに

『静かに集中してやれ、余計な声はいらない』

と指導していて、

それを真似て、

上田誠も森林貴彦も

「練習中の声出し否定派」になったそうです。



「慶応大学の前田祐吉監督が

『声を出すのは無駄だ』と

言ってたから声を出すのは無駄」




これが「自分の頭で考える」

という

慶応高校の実態です。

上田も森林も

まったく自分の頭で考えていません。

単なる前田祐吉の受け売りです。



「大きな声を出す」というのは

「大舞台での緊張を解く」、

「劣勢の試合状況

その他の中で

自らを鼓舞し、覇気を出す」、

あるいは

「仲間を勇気づける」

その他さまざまな効果があります。




だからこそ

偉大なメジャーリーガーであるイチローさんは

「声を出すことの大切さ」を

高校生たちに訴えています。



(静かに練習する慶応高校から

イチローさんを超える大選手が

続出する日が楽しみですね)




今の慶応高校野球部監督・森林貴彦は



「高校野球には

ドラマもヒーローも感動もいらない」



「高校生たちに全力疾走を強要するな」



「グラウンドに対する一礼も不要だ」




というのがモットーらしいですが、



この森林貴彦という男の考える

「理想の高校野球」というものが

現実のものになった時のことを考えると

一人の日本国民として背筋が寒くなります。




そもそも、森林貴彦は、



「日本のいい大人たちが

感動やドラマやヒーローを高校野球に求め

高校生たちを身動きできなくしている」
等と



勝手に狂信していますが、

そうではありません。



「長い長い日本の高校野球の歴史の中で

過去の高校球児の先輩方が

夏の甲子園の修羅場を戦い抜くために

普段から

気力、体力の限界に挑むような

厳しい練習を行い、

甲子園で全力を尽くし戦い続けてきた結果、

(常に全力疾走を怠ることなく)

感動的なドラマやヒーローが続出し、

それが日本の高校野球の

受け継がれるべき伝統になった」




ただそれだけの話で



「外部の大人が勝手に球児たちに押し付けているもの」



ではなく



甲子園の感動やドラマやヒーローは



「遥か昔から近年に至るまで

過去に甲子園に出場した先輩方からの

今の球児たちに対する素晴らしい贈り物」



であり



「過去の甲子園で全力を尽くして戦った先輩方から

今の高校球児たちに託された約束」



なのです。




日本の高校野球の

感動、ドラマ、ヒーローを全否定し

日本の高校野球文化の破壊を目論む森林貴彦と

その共犯者となり

森林貴彦の不気味で独りよがりな言説を

大々的に垂れ流し続けている

スポーツグラフィックナンバー関係者は

完全な狂人であり犯罪者です。



しかし、

幸いなことに

イチローさんが

高校球児たちの指導に全国を飛び回り、

森林貴彦と

スポーツグラフィックナンバー関係者が

垂れ流す腐臭ただよう害毒を

懸命に除染して回ってくれています。

イチローさんは

日本の高校野球の

日本野球の守護神ですね。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。

大谷翔平が勝利至上主義という日本の素晴らしい伝統を守る

スポーツ文化
12 /16 2023
応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。










米国映画「ロッキー4」より

↓THE SWEETEST VICTORY↓(甘美なる勝利)








THE SWEETEST VICTORYの

歌詞のサビの部分の日本語訳↓







The Sweetest Victory

甘美なる勝利↓

オレの命よりもオマエ↓を愛している



The Sweetest Victory↑

甘美なる勝利

オマエはオレ自身を知る強さを与えてくれた

The Sweetest Victory

甘美なる勝利

オレの魂はオマエのもの、栄光はオレのものだ

The Sweetest Victory

遥か彼方の星は

いつまでも輝き続けるのだ!







大谷翔平選手ドジャース入団の決め手は

常にワールドシリーズ優勝を目指す球団の姿勢↓


https://hochi.news/articles/20231215-OHT1T51096.html?page=1







「オーナーのマーク・ウォルターさんも含めて、

『この10年間、ドジャースが経験してきた

この10年間を彼らは全く成功だと思ってない』

っていうことはおっしゃられていたので。

それだけ勝ちたいという意志が

みんな強いんだなというのは

心に残ったかなと思います」



ドジャースは11年連続で

ポストシーズンに進出する安定した強さを持ちながらも、

ワールドシリーズを制覇できたのは

新型コロナウイルスの影響で

短縮シーズンになった2020年の1度だけ。

大谷にとっては、

さらなる高みを目指す球団のビジョンが

胸に響いたようだ。











どっからどう見ても↑

人間性と教育に裏付けられた

勝利至上主義の大谷翔平選手↓




https://hochi.news/articles/20231215-OHT1T51157.html?page=1







「野球選手として

あとどれくらいできるのかっていうのは正直、

誰も分からないですし、

勝つことっていうのが僕にとって今、

一番大事なことかなと思います。

まず優勝することを目指しながら、

そのところで欠かせなかったと言われる存在に

やっぱりなりたいですし、

そういう期待を込めた契約だと思うので、

期待に応えられるように

今後も全力で頑張っていきたいと思います」







WBC出場への意気込みを語る大谷翔平選手↓







「素晴らしい選手たちが集まってくれている。

優勝だけを目指して頑張りたい」。



「勝つことだけを考えて、

それ以外は何でもいい」



「ファンの人たちも勝つことが

見ていて一番面白いところ」



「野球を始めてから今日まで

1位以外を目指したことはない」。



約20分の会見で、

この種のフレーズを7度、口にした。







「(小学生の時に)

野球を始めてから

今日(WBC出場)まで

一位以外を目指したことはない。」




大谷翔平選手は、こう↑断言しています。



日本の野球少年、野球少女、

日本のスポーツ少年、スポーツ少女の皆さん



大谷翔平選手は、

花巻東高校野球部監督の恩師・佐々木洋監督↓の







「教育なき野球は犯罪だ

勝利なき野球は寝言だ」




という信念の下に

高校三年間を過ごし、

今のような素晴らしい人間、

野球選手に成長しました。



日本の野球少年、野球少女、

日本のスポーツ少年、スポーツ少女の皆さん



日本のマスコミ、スポーツマスコミによる



「勝利至上主義を

貶(おとし)めるプロパガンダ(ウソ宣伝)

負け犬主義

(楽しければ負けてもいいじゃん)」




に騙されないように気をつけてね。



勝利至上主義と暴力やパワハラは

何の関係もありません。

勝利至上主義でなくとも

パワハラや暴力を振るう人間は

世の中にいくらでもいます。




また、



「勝利至上主義だと野球を楽しめない」

という

日本のマスコミ&スポーツマスコミによる宣伝も

大ウソです。




野球が大好きで、

野球を最大限に楽しんでいる

大谷翔平選手は



「(小学生の時に)

野球を始めてから

今日(WBC出場)まで

一位以外を目指したことはない。」



とのことです。




(ちなみに

「勝利至上主義だと野球を楽しめない」

という

日本の反日マスコミ、

反日スポーツマスコミによる

キモいウソ宣伝に騙されて

ドツボにはまったのが

元メジャーリーガー川崎宗則さんであり、

元タンパベイ・レイズの筒香嘉智さんであり、

先日の世界水泳で惨敗した

日本代表競泳陣の皆さんも

スポーツグラフィックナンバー関係者に



【今の日本代表競泳陣の選手の皆さんは常に

『金メダルを目指して頑張りすぎると

池江璃花子選手のように

病気になったり

萩野公介さんのように

精神的に病んでしまうぞ』


と暗に脅迫されています。】



「楽しければ負けてもいいじゃん」の

負け犬主義を

刷り込まれていました。



スポーツグラフィックナンバー関係者によると

日本の国を代表する各競技の

スポーツ選手の皆さんに

優勝することを期待して応援している

我々日本国民こそが

池江璃花子さんを病気にし、

萩野公介選手を

ノイローゼにした犯人らしいです。)




教育や人間性に裏付けられた

日本の勝利至上主義という

素晴らしい伝統を守り続けている

大谷翔平選手をお手本に

日本の野球少年、野球少女、

日本のスポーツ少年、スポーツ少女の皆さん

これからも試合に、練習に頑張ってね。



最後にオマケの動画を

以下に載せておきます。



日本のマスコミ&スポーツマスコミは

スポーツにおける

日本の勝利至上主義を

犯罪であるかのように

叩きながら、

何故か、

ハクホーという変な力士が

日本の国技大相撲で

勝利至上主義どころでない

勝つために手段を選ばない

傍若無人で無茶苦茶な振舞いをし

良識ある日本国民の怒りを買った際、

不良外国人ハクホーを擁護し、



「相撲に品格なんか求めるな

相撲はスポーツだ

勝ちゃいいんだよ」



と喚き散らしていました。

あの人たちは一体何なんでしょうか



(ハクホーに関する事例のように

当ブログで批判している

スポーツグラフィックナンバー系

その他、

日本の反日スポーツライターたちは

日本人に対するのと

外国人に対するのとで

全く逆の主張をすることが

頻繁にあります。

日本の反日スポーツマスコミ関係者は

とにかく

スポーツにおける勝利至上主義、

横綱の品格を重視する考え方のように

日本人の伝統的国民性と関連するものや

日本人そのものが大嫌いで、

それらを貶めたいだけなのです。

彼らの多くは恐らく日本人ではなく

反日の半島系

渡来人、帰化人なのでしょう。)




マジでキモいですね。↓








日本のマスコミ&スポーツマスコミが大嫌いなのは

教育や人格に裏付けられた日本の勝利至上主義

逆に日本のマスコミ&スポーツマスコミが大好きなのは

ハクホーさんのような不良外国人による

犯罪的勝利至上主義↑↓です。








応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。

慶応高校監督=森林貴彦の犯罪を告発する

スポーツ文化
09 /06 2023
応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。










不気味で邪悪な慶応高校・森林貴彦とその仲間たち

◆↑から続いています。

前回のブログの中で引用した、

テニスの聖地ウインブルドンにおける

「白以外のテニスウェア厳禁」という

「伝統と慣習」を大切に守ってきた

英国人の叡智に関する記述を読んで

改めて気づいたことがあります。

それは

慶応高校野球部監督・森林貴彦の



「日本の高校野球文化に対する

恐ろしいまでの敵意と憎悪」




です。



森林貴彦は

スポーツグラフィックナンバー誌上で

↓のように述べています。







前略



青春の押し付け問題

大人が選手を

自分好みのストーリーに当てはめようとする、

いわば、青春の押し付け問題。

これも高校野球が抱える、

そして解決していかなければならない

大きな課題の一つです。

高校野球はシンプルに言えば、

高校生がただ野球をやっているだけですが、

真夏の風物詩や

お祭りのように捉えている人が多く、

もはや非常に巨大な

エンターテインメントとなっています。

新たなヒーローの出現や

感動的なゲームを望むファンがいて、

また、それを売り込んでいこうとするメディアの存在もある。

そこで過剰に膨らまされたドラマに、

それを望むファンが喜んで食いつく。

こうした土壌が高校野球にはあると思います。

そしてそれを支えているのが、

春と夏の全国大会が公共放送で全試合生中継され、

その面白さを全国民レベルで

共有できてしまうところなのです。

一部からは

「試合が面白いのだから、いまのままでいいじゃないか」

という意見も聞かれますが、

それは高校野球の思い上がりです。

他の競技、例えば高校ラグビーの全国大会が

野球と同じ条件で放送され、

同じようにメディアで取り上げられていれば、

その面白さは高校野球並みに伝わるはずです。

そのため私個人としては、

高校野球だけが特別に面白い競技だとは思いません。

いまの高校野球は嫌いなところがたくさんあります

こうした大きな舞台で野球をやらせてもらっている私たちが、

それを一方的に批判するのはおかしな話かもしれません。

ただ私自身、いまの高校野球は嫌いなところがたくさんあります。

それゆえに現状を変えていきたいからこそ、

指導者として高校野球に携わっています。

繰り返しになりますが、

高校野球には大人が作り出した強い固定観念があります。

全力疾走、汗、涙……。

それらを良識ある大人であるはずの関係者やメディア、ファンが求め、

高校生が自由な意思で身動きをとれない状況は

おかしいと言わざるを得ません。



後略



▲以上、引用。




甲子園を中心とする

我が国の高校野球文化の

その未曽有の隆盛を支えてきた

名曲「栄冠は君に輝く」の歌詞↓と







雲はわき 光あふれて

天高く 純白の球、今日ぞ飛ぶ

若人よいざ まなじりは歓呼にこたえ

いさぎよし ほほえむ希望

ああ栄冠は君に輝く 



風をうち 大地をけりて

悔ゆるなき 白熱の力ぞ 技ぞ

若人よいざ 一球に一打にかけて

青春の讃歌をつづれ

ああ栄冠は君に輝く



空をきる 球の命に

かようもの 美しくにおえる健康

若人よいざ 緑濃き しゅろの葉かざす

感激をまぶたにえがけ

ああ栄冠は君に輝く











そのメロディ↑を目や耳にして

感動しない日本国民はいないはずだと

当ブログは漠然と考えてきました。

「栄冠は君に輝く」の歌詞とメロディには

日本の高校球児、若者たちに対する

我が国の先人の皆様方の

限りない愛情が込められています。



(作詞した加賀大介は野球球児であったが、

試合中の怪我による骨髄炎のために

右足切断を余儀無くされ、

野球を断念した経緯がある。

この詞には、野球に対する

加賀の熱い想いが強く込められている。)




そして、

長い長い高校野球の歴史を通じ、

これまでずっと

甲子園を目指す球児たちは

「栄冠は君に輝く」の歌詞やメロディを

目や耳にすることで

甲子園に対する憧れを

大きく大きくふくらませ

甲子園を目指し、

「栄冠は君に輝く」の歌詞を具現化したかのように、

一球に一打にかけて青春の讃歌をつづり



(負けたら終わりのトーナメント戦であるがゆえに)



数々の感動的な名勝負を生み出し

多くの日本国民、日本の野球少年たちに

たくさんの夢や希望を与えてきました。



しかし、

この過去の日本の高校野球の素晴らしい歴史、

ドラマ、感動を全否定し

そのすべてを破壊することに血道をあげる

狂人・犯罪者が

令和の日本に現れました。

それが慶応高校野球部監督

森林貴彦です。



森林貴彦の主張に従うと、

「栄冠は君に輝く」の歌詞も

日本の若者たち、高校球児たちに対する

大人の勝手な押し付けであり、

これまでの日本の高校野球の歴史や

数々の名勝負の感動などは全て唾棄すべき

くだらないものだ

ということにならざるをえません。



何故、高校野球が

巨大なエンターテイメント

であってはいけないのか?



何故、高校野球が

夏の風物詩であってはいけないのか?



何故、高校野球が

お祭りであってはいけないのか?



慶応高校野球部員を含め

日本全国の高校球児から



「俺たちに

青春とか、汗とか涙とか、全力疾走とか

勝手なイメージを

押し付けて強制するな」




という悲鳴が

森林貴彦の元に届いているのか?



一般の我々正常な日本国民にとっては

完全な謎ですが



森林貴彦の主張は要するに



これまでの

過去の感動的な高校野球は、

俺様の好みに合わないから、

全部ぶちこわして

俺さま好みの、

ドラマも感動もなく、

ヒーローも存在しない、

ニヒリスティックで無機質で

ただ高校生が野球をやってるだけ

そういうものに改造しなければならない。



ということに他なりません。



(狂人・森林貴彦よ

圧倒的大多数の正常な日本国民は

昔ながらの甲子園を愛し、支持している


思いあがっているのはテメエだ。)




また、

森林貴彦の主張の主たるものとして



「高校野球を特別扱いするな」

「高校野球を神聖視するな」




というものがあります、



その一方で、森林貴彦は



日本の野球人口、野球少年の減少を

憂いているようなポーズをとります。



当然

「丸刈り廃止、髪型の自由化」も

そういう文脈の中でのものです。

しかし、この森林貴彦および

スポーツグラフィックナンバー関係者の主張は



(丸刈りをやめ

髪型を自由にすることで

野球人口が増えるという)




矛盾と悪意に満ちた

詐欺的な詭弁で、

それを教えてくれるのが

前回も引用した

テニスの聖地ウインブルドンにおける

「白以外のウェア厳禁」という

伝統と慣習がもたらす様々な恩恵です。

再度、引用します。



https://tennismysteries.com/wimbledon-white/







前略



ウィンブルドンの主催者は、

かつてこう言いました。



「白のドレスコードは

ファッションのためではなく

テニスとテニス選手の価値を

際立たせるため」



伝統を守ることは大きな価値をもたらす

と考えられているのです。



中略



選手の服装は白であるだけでなく

「ウィンブルドンにふさわしい品を保つこと」

とされています。

ウィンブルドンという場に「ふさわしい」こと、

「ちゃんとしてる」ことが、

ウィンブルドンが大切にしている価値なのです。







https://uwanosorajikenbo.hatenablog.com/entry/2016/05/29/223806







前略



真っ白いテニスウェア姿の選手は

誇るべき伝統の理想の姿であるから。

伝統は守り理想を追求して何かいけないのか。

そこにきっと言葉にできる理由はない。

そして、伝統は威光(権威)を演出する。

ウィンブルドンはまちがいなく

威光(権威)の獲得に成功している。

威光(権威)は、

いろんな方面にとても便利なツールだ。

たとえばイベントとしての価値。

ウィンブルドンは

私設の小さなテニスクラブが主催しているのに、

テニスの世界で首位を争う賞金を提供している

世界屈指のイベントである。

また、グランドスラム中

最も黒字のイベントである。

これはウィンブルドンの

威光(権威)のおかげではないのか。

ウィンブルドンでは、

スポンサーの広告表示をしなくても、

潤沢なスポンサーにサポートされている。

ウィンブルドンのスタッフはボランティアが多く、

賃金を支払われているスタッフも

ごく普通の給料を支払われているだけだという。

ウィンブルドンで働くという誇りで

スタッフは満たされているのだ。

社会的にもウィンブルドンでの仕事経験は

高く評価されるものであるという。

これらはウィンブルドンの

頑な白規制

(による伝統・慣習の墨守とそれによる権威)も

一役買っているに違いない。



後略







上記の内容を要約すると

こう↓です。







ウインブルドンというテニスの大会は

「白以外のウェアを厳禁とする」



(ウインブルドンにふさわしい品を保つ、

ちゃんとした服装をする)



という

伝統と慣習を守ることによって

醸し出される権威によって

ウインブルドンというイベント、

大会の価値を高め

グランドスラム中、

最も黒字の大会として大成功しており、

また、スポンサーの広告表示をしなくとも

スポンサーになりたがる企業が

殺到するという事態を生んでいる。

また、

ウインブルドンで働くスタッフは

ボランティアが多く、

給料を受け取っているスタッフも

低額で満足している。

その理由は

ウインブルドンで働くという誇りで

スタッフは満たされているから。

そしてウインブルドンでの仕事経験は

社会的にも高く評価される。

これらはすべて

ウインブルドンが頑なに守り通している

伝統と慣習によってもたらされる

権威による影響だ。







以上の事実を

我が国の高校野球に当てはめて考えると

↓のようなことが見えてきます。







我々、日本国民が気づいていないだけで

「高校球児の丸刈り」

という伝統と慣習

およびそれらがもたらす権威は

「栄冠は君に輝く」という

名曲の存在との相乗効果によって

春夏の甲子園=高校野球というイベントを

他の競技スポーツの大会とは違った

純粋で神聖で特別なものとして

日本の野球少年や

日本国民に認識させ、

それが

高校野球に対する

日本国民の大きな憧れや支持につながっている

ということです。







「野球人口が減ってるから

丸刈りを根絶やしにしろ」








スポーツグラフィックナンバー関係の

頭のおかしな奴らが

わめきちらしていますが



今の日本では

丸刈りなのは高校球児だけで、

少年野球では髪型は自由であり、

野球人口減少の理由は単純に

野球以外のやりたいスポーツに関する

子供たちの選択肢が増えたからということと

ゲームなどの普及により

遊びとしてスポーツを行う子供自体が減ったこと

等によるものであって



(球数制限の結果、

日本の野球人口が

どれくらい増えたのか

明らかにしてほしいものです。)




森林貴彦や、その一味の

日本の頭のおかしな

反日鬼畜左翼スポーツライターが画策するように



甲子園=高校野球の丸刈り文化という

高校野球の長い歴史の中で

もはや伝統、慣習と化した

暗黙のルール、ならわしを破壊し、

甲子園=高校野球が

これまでまとっていた

「純粋さ」という

神聖なベールが引きはがされ

日本の反日鬼畜左翼スポーツマスコミが

不気味なまでに美化絶賛する

サラサラヘアー

どこにでもいる

「のっぺりした顔」の高校生ばかりが

甲子園の高校球児の多数派となり

日本の高校野球が

他の高校生のスポーツ競技と

何ら差異のないものとなった時

日本の野球人口は加速度的に減少し、

競技スポーツとしての日本の野球は

崩壊の危機を迎えることは確実で

そういう事態こそ、

森林貴彦とその一味である

スポーツグラフィックナンバーを始めとする

反日鬼畜左翼スポーツマスコミ関係者の狙いです。




侍ジャパンのラーズ・ヌートバー選手の母、

久美子さんは

少年の頃のヌートバー選手に対して



https://full-count.jp/2023/02/04/post1334283/



「野球は特別に重要なものだから

野球に敬意を表す意味で

丸刈りにしなさい」




と教えましたが



森林貴彦は

久美子さんと全く一八〇度正反対に



「野球を特別視するな、神聖視するな

他のスポーツと同じところへ

野球を引きずりおろせ

そのために

丸刈りを廃止して、髪型を自由にしろ

髪型が自由な俺たちが優勝したんだぞ

なんか文句でもあるのか?」




と、わめき散らしているのです。



高野連によって

丸刈りが強制されているわけでもなく

「戦前から慶応高校野球部では

髪型が自由であった」
こと

に感謝し、満足するどころか、



「丸刈りの高校球児が

今でも沢山甲子園に出てくるのは

俺さまの目障りだ

俺たちが甲子園で優勝することで

丸刈りの奴らを根絶やしにしてやる」




という

多様性を欠いた全体主義的で

不気味な態度をむき出しにする

慶応高校野球部監督・森林貴彦は

日本人ではありません。



森林貴彦の正体は、

日本の国を、日本国民を

日本のスポーツ文化を

日本の高校野球文化を敵視、憎悪し、

その破壊と衰退を目論む

頭のおかしな反日コリ〇ンです。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。

多聞兵衛