「正しい炎上」と「狂った炎上」その2

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。


さて、前々回、

「正しい炎上」と「狂った炎上」

ということで、

今のネット上での

「狂った炎上」の実例として

自分の甥(おい)が

女のドレスを着て

はしゃいでいるのに対して

「男の子はドレスなんか

着るもんじゃない」



F1ドライバーのルイス・ハミルトンが

SNS上で発言したところ

その発言が

LGBT活動家を含む

多数の連中から批判を受け

炎上した例を取り上げました。

で、今度は

「正しい炎上」ということですが、

たとえば、

イスラム教の国々において、

「イスラム教の教え」に

反する行いや言動をすれば

当然、

ムチャクチャに叩かれる、

炎上するわけです。

(死者すら出るくらいに)

イスラム教に限らず宗教というのは、

その宗教を信仰する民族共同体を

衰亡から防衛するためのマニュアルであり、


宗教ではありませんが、

今現在の我が国において

アラブ諸国における

イスラム教と似た役割を

果たしているのが

「日本人の

伝統的国民性に基づく

世論、世間」

とでもいうようなものです。

我が国における

「正しい炎上」とは

「日本人の伝統的国民性に

著しく敵対する価値観に基づく

行いや言動」

に反発して

生じるものを言います。


これは世界中の

全ての国において共通の事象で


その国に住む人々の価値観

より具体的に言えば

「その国に住む人々の道徳的価値観」




著しく反した行いや言動をした場合、

今のネット社会においては

炎上するのが当たり前、

というか

炎上するのが正しく、

今の日本の一部の

マスコミ関係者や学者連中のように

「ネットの炎上」という現象そのものを、

不健全で、悪しき現象であるかのように

評する輩こそが

頭がおかしいか、

そういう輩には

何らかの

邪(よこしま)な意図がある

と考えて間違いありません。

「我が国の伝統的な国民性」

あるいは

「我が国の国民の

道徳的価値観」



著しく反する行いに対して

生じる炎上は

日本国民という共同体を

キチガイじみた外来の思想から

防衛するための

正しい反応であり、

日本国民という共同体が

健全に機能している証(あかし)です。

「男の子がドレスなんか着るな」

という

SNS上での発言が炎上した

F1ドライバーの

ルイス・ハミルトンですが

今現在においても

我が国を含め、

世界中のどこの国においても

「男らしくしろ」「女らしくしろ」

という発言が

炎上を招く国民性
など

存在するはずもなく、

国民性や世論と

全く無関係なところで

起きている炎上こそ

狂った炎上であり、

こういう炎上は

極めて特殊なカルト的な連中が

起こしているのです。

我々日本国民が真に警戒し、

戦わなければならないのは、

我々日本人本来の

古き良き国民性に沿った行いや発言が

炎上させられるような事態です。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。
スポンサーサイト

「正しい炎上」と「狂った炎上」

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。




百田さんが良いこと言ってます。↑

(ただし、

北朝鮮の性奴隷女軍団を

好意的に取り上げたテレ朝関係者は

「北朝鮮がどういう国か

分かってない」

のではなく、

北朝鮮が

狂った独裁国家であることを

充分理解したうえで、

日本国民の

北朝鮮に対する警戒感や

日本国民の

北朝鮮に対する国民感情を

軟化、マヒさせるという

明確な目的のもとに、

こういう報道をしたのだと思います。

日本のマスコミには

北朝鮮やチャイナの

共産主義独裁体制に憧れて、

我が国を

共産主義独裁国家にすべく

暴力破壊活動に狂奔していた

学生運動くずれの狂人どもが

異常なまでに

大量繁殖してることを

そして

学生運動くずれの狂人どもの中枢は

在日コリア人であることを

百田さんであれば

理解してるだろうに・・・)




最近何かと話題の

ネットにおける〝炎上〟という現象ですが、

この〝炎上〟という現象には、

正しい炎上と狂った炎上の

二種類があります。


まずは、

〝狂った炎上〟の事例から

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00191441-rcg-moto

以下↑から抜粋引用。

▼以下、引用。

「不適切な」SNS動画で

炎上したルイス・ハミルトン(F1ドライバー)、

インスタグラムの投稿を全消去


中略

そのハミルトンはクリスマスの週末に

お姫様のドレスを着た甥を撮影した動画を投稿。

動画のなかでハミルトンは、

ドレスを着た甥に対し、

「なんでお姫様のドレスを着ているの?

クリスマスにもらったのかい?」、


「どうしてクリスマスに

お姫様のドレスを欲しがるんだよ?

男の子はそんなドレスは着ないものだよ!」

と発言していた。

この投稿がLGBT活動家を含む

多数の人々から批判を受け、

ハミルトンのSNSはいわゆる”炎上”状態に。

この状況を受け12月27日には

問題の動画を削除するとともに

「僕の言葉が不適切だった」と謝罪していた。

これにより騒動は収束すると思われたが、

ハミルトンへの批判の声は止まず。

最終的にハミルトンは

インスタグラムの全投稿を

削除することにしたようだ。

▲以上、引用終わり。

ということなんですが、

「男がドレスなんか着るな」と言うと

今の社会では炎上するらしいです。

少し前に、

「美女と野獣」という映画がありましたが、

この「美女と野獣」という映画、

同性愛を

暗示するような場面が

あるということで


https://www.cnn.co.jp/showbiz/35097591.html

ロシアでは

上映禁止にすべきだという議論が起きました。


私は今現在のロシアという国については

今のチャイナと同じく

(言論の自由もなく、

選挙も行われない

狂ったチャイナを

日本の反日馬鹿マスコミは

大好きなわけですが)


狂った全体主義国家であった

旧ソ連の面影を今も色濃く残す

極めて準全体主義的な国で

(KGB出身のプーチンの影響もあり)

決してまともな国家とは思いませんが

こういう議論が起きること自体は

今の我が国よりも

遥かに健全だと思います。

日本の狂った反日馬鹿マスコミは

同性愛バンザイで、

無神論、唯物論で

左翼学生運動くずれの

頭のおかしな連中が取り仕切っているので

決して報道しませんが


(ここ要チェックです、

日本のマスコミは宗教と聞くと

反射的にカルト、

もしくは

原理主義だー

と反応しがちですが、

その理由は彼らが

無神論、唯物論の

マルクスレーニン主義を信奉する

左翼=社会主義者だからです。)

イスラム教にしろ、

米国のキリスト教にしろ

また

ロシアのキリスト教にしろ、

信仰心の篤い人たちは

同性愛に対して反対なわけです。

これは当たり前で、

全ての宗教は(一部の例外は除き)

子孫繁栄を大きな目的とするものであり、

同性愛を肯定し、推し進めると、

子孫繁栄と逆行することになるからです。


ここまでで

正常な日本国民の皆さんは

既にご理解できたと思いますが、

「子孫繁栄のために

同性愛を危険視する」



「人類絶滅のため

日本の反日低脳マスコミのごとく

同性愛を絶賛する」



どちらが人間として

正しい態度であるかは明らかで、


正しいことを

SNS上で表現した

ルイス・ハミルトンを

炎上させている奴らは

完全な狂人なのです。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。


荒野の用心棒

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。




しばらく更新が滞ってしまいましたが

前回まで何度か連続して


日本の若者や日本人に悪影響を与える

頭のおかしな反日コリア人たちが作り、演じる

キチガイ映画
をご紹介して、

ご覧になっている皆さんの気分を

悪くさせてしまったと思いますので


そういうキチガイ映画とは正反対の

社会に良い影響を与える

素晴らしい映画
を取り上げたいと思います。

それは

黒澤明監督の用心棒をリメイクした

クリント・イーストウッド主演

↓の荒野の用心棒です。



荒野の用心棒↑

映画好きの皆さんなら

ストーリーはご存知だと思いますが、

この映画の最も素晴らしいところは、


「クリント・イーストウッド演じるアウトローが

ギャング同士の抗争を利用して稼いだお金を

小さな子供と

その両親が一緒に暮らすために

親子にすべて渡してしまい、

彼らを逃がす」

というところです。

この


「母親と引き離されている

小さな子供を

両親と一緒に逃がすため

親子にアウトローが

お金を全部あげてしまう」

という設定は、

「今は一時的に

反社会的な生き方をしている人間でも

その行いを正すことができる」

という

「救い」を見ている人間に与えます。

つまり、

この映画を見た人間の中に

悪い人間がいたとしても

その人間を

正しい道に引き戻す可能性がある。

この映画はそういう

優しい映画

だと思います。


頭のおかしな白石和彌

その他のキチガイ連中が作り、

頭のおかしなリリー・フランキー

頭のおかしなピエール瀧

頭のおかしな山田孝之

頭のおかしな蒼井優らが演じる

「一般の善良な日本人を

凶悪犯罪に駆り立てる」

そういうことを目論んだ

今の日本の

頭のおかしな反日コリア人たちが作る

「不気味で邪悪で冷酷なキチガイ映画」


全く正反対の

最高の娯楽作品

見れば気分が爽快になる映画。

それが「荒野の用心棒」です。

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。

狂人が作り狂人が演じる日本映画

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。




現在公開中のキチガイ映画

反日朝鮮女優・蒼井優と

反日朝鮮人・阿部サダヲ主演の


「彼女がその名を知らない鳥たち」

監督である白石和彌ですが、

同じくこの白石が製作した



「凶悪」というキチガイ映画↑に関して


http://eiga.com/movie/77879/special/

▼以下の文章を↑から抜粋引用。

前略

白石は21歳の頃から

若松プロダクションで働き始めた。

当初の約2年間は電話番、

昼間は監督とふたりで

テレビのワイドショーを見ていた。

「こういう事を

言うようなヤツは

ダメなんだ」と、

テレビに向かって

文句を吐く若松から、

時にハッとする、

人とは違う視点の発言が

飛び出したのが印象に残る。

そんな師匠の視点は、

「凶悪」↓にも継承されている。




「若松監督の視点は

いつも“弱者の視点”。

僕も映画は

弱者の視点から描かないと

ダメだと思う。

金持ちが成功するような話じゃ

映画はダメ。


『凶悪』でも、

“先生”と呼ばれる木村や

ヤクザの須藤は、

暴力という力こそ

持ってはいますが、


社会の中では居場所がなく

はじき出された弱者。


記者の藤井は

一流企業で高給をもらう人物ですが、

そんな彼を

木村や須藤と同じ場所に

落としたかった。


『映画や社会、

人を見る時は

弱者の視点で』

という

若松監督の考え方に

共感しています」

後略

▲以上、引用終わり。

次に、



キチガイ映画「凶悪」↑に出演した

山田孝之、

ピエール瀧、

リリー・フランキー、

という

三匹の狂人のうち

後の二匹の狂ったコメントを


http://eiga.com/movie/77879/interview/

↑から抜粋、引用しました。

▼以下、引用

前略

ピエールは言う。

「あれほど悪いこと

し放題ってところに

魅力を感じたのは事実だし、

『やってみたい』という気持ちは

人間の本質としてあるよね」。


リリーも

「疑似とはいえ、

ふざけながら人を殺していることが

徐々に楽しくなっていった」

と同調する。


後略

▲以上、引用終わり。

最後に、

これも白石のキチガイ作品

「日本で一番悪い奴ら」

の製作に関する白石のコメントを

https://www.lmaga.jp/news/2016/07/12509/

https://www.lmaga.jp/news/2016/07/12509/2/

↑から抜粋引用。

▼以下、引用。

前略

◆質問者

原作のどういうところに

惹かれたのでしょうか?


★白石

まず、

覚せい剤130キロ、大麻2トン、

拳銃100丁という、

とてつもない数字の面白さですね、

なんだこれはっていう(笑)。


中略

でも、

ほんとうに面白いと思ったのは、

事件の裏側と言うか、

三面記事的に言えば

悪徳刑事の犯した犯罪

ということになってしまうのですが、

実はそこにあたりまえに

稲葉さんの人生があり、

青春もあったはずで、

また不法拳銃を摘発しながら

(稲葉は暴力団と癒着し

暴力団から横流しされた拳銃を

正規に摘発したように

見せかけていた)


きっと楽しかっただろうな、

女性にはモテたんだろうなと、


いろいろなことが

見えてきたことなんです。

中略

◆質問者

主演に綾野剛を起用するのは

早い段階から決まっていたのですか?


★白石、

いえ、そうでもなかったです。

モデルになった稲葉さんは

柔道の猛者でアスリートなんです。

「そんな身体の大きい

格闘家のような俳優がいるんだろうか?」

なんて思っていましたから。

そんな不安を持ちながら

第一稿の脚本を上げて、

原作者の稲葉さんに

お会いしたんですね。


すると、

やっぱりすごく魅力的な人で、

人たらしなんですね、

艶(いろ)っぽくて。

原作には書いてないけれど、

愛人もたくさんいたみたいだし(笑)。

そう考えたら、

そうか諸星に大事なのは

色気なんだとわかったんですね。

そうなるといま

一番ノッている俳優でいいわけで、

それは綾野剛で決まりだなと。

中略

あと大事なのは、

覚醒剤を打つシーンを

演じてくれるかどうかだったのですが、

これも快諾してくれて。

後略

▲以上、引用終わり。

ということなんですが、

白石和彌の

「殺人鬼、凶悪犯罪者」に対する

共感、憧れ、惚れ込みよう、

そして、

ピエール瀧、リリー・フランキーの

「殺人を楽しむ感覚」は

本当に不気味なものがあります。


白石は

「弱者の視点が大事」等と

もっともらしいことを言ってますが、

何のことはない、

白石の言う「弱者の視点」とは

凶悪な犯罪者、殺人鬼に対する

限りない共感や

憧れを意味しています。

そして、言うまでもなく、

白石が

意味不明に流行中の

綾野剛という馬鹿ヅラした

キモイ役者に

(綾野の人気は

メディアによって作られたものであり、

綾野も日本人ではないでしょう)


覚せい剤を打つ場面を演じさせた

その狙いは、

この映画を見た日本の若者の

覚せい剤に対する

抵抗感や警戒感をマヒさせ、

日本の若者の間に

覚せい剤を

蔓延させることです。


白石和彌というキチガイの

「犯罪者は女にモテる」

「犯罪者は魅力的」という

狂信から生まれた

キチガイ映画が

日本の若者に対して

どのような悪影響を与えるか?

正常な日本人であれば

誰でもわかりますよね。


「殺人鬼・凶悪犯罪」と聞くと

目を輝かせ、興奮し、憧れる

白石のような

頭のおかしな連中が

今現在の

日本の映画界を占拠し、

日本社会を破壊する、

日本の若者を犯罪に駆り立てる

という明確な目的を持ち、

キチガイじみた映画を次から次へと

大量生産している。

これが今の日本の現実です。

言うまでもなくこいつらは、

そのほとんどが

日本人ではないと見て

間違いありません。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。

狂った反日朝鮮人の群れ

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。




前回、前々回に取り上げた

反日朝鮮女の蒼井優が主演した


「彼女がその名を知らない鳥たち」

という糞映画の監督が

日本赤軍の仲間だった

若松孝二を崇拝する

白石和彌というクズなんですが、


この白石和彌という鬼畜

↓のような




「凶悪」という

キチガイ映画も作ってまして

是非↑の「凶悪」の動画を

ご覧になって頂きたいんですが、


↑の動画を見た後に、

日本の狂った芸能界、映画界に

嫌気がさして逃げ出した

女優・清水富美加さんの自著にある

以下の清水富美加さんの言葉に

目を通してみると

▼以下、抜粋引用。

前略

その作品が

人を救うものであればいいけれども、

残酷な心や、

人を傷つけることに

快感を感じるような心を

植えつけてしまう可能性が

あるとしたら、・・・・

中略

自分の考えがわからなくなって、

どんどんいろんな仕事をして、

その中にはもう、はっきり言って、

〝悪魔のお手伝い〟

のようなことをしてしまったのも

あったんじゃないかって思うと、

つらいです。


中略

狂人、殺人犯、愛人といった、

正負で言ったら

「負」のほうの役ができたら

「実力派」って呼ばれます。

でも、

それがいいわけではないと

思うんですよね。


後略

▲以上、引用終わり。

白石和彌という男が、

この「凶悪」という鬼畜映画を作った

その目的、意図が

はっきりと見えてきます。

皆さん分かりますよね、

白石がこの映画を作った目的は

この映画を見た日本人に


「残酷な心や、

人を傷つけることに

快感を感じるような心を

植えつけること」


なわけです。

で、

頭のおかしな白石和彌は

「凶悪」製作に関する

インタビュー↓の中で




「正直、

目を覆いたくなるような

凶悪なシーンていうのが

あったんですけれども

そういったシーンの撮影は

大変なんですか?」


という

インタビュアーの女性の質問に対し



「暴力の対象になるのが大体、老人、

で、もうこれは凄惨にやればやるほど

もう精神的にもシンドクなるんですね。

終わった後にやはり、

あの瀧(ピエール瀧)さんも

これ言ってたんですけど、

『俺、今日なんか

人間として

大事なもの失ったわ』

っていうような、

例えば倫理観だとか、

『きっと何かを失ったんだな俺・・・』

それは僕らも感じたし、

この三人もすごい感じたと

思うんですよね。

だから、あの、楽しんで撮影はするけど、

撮影が終わったら、もう、

ずっしりと落ち込むというか

自分自身が嫌になるっていうか

そういう感じにはなりました。」



と応えています。

白石和彌という鬼畜は最後に

「自分自身が嫌になる」という言葉で

誤魔化していますが、

それはそうでしょう。

全編、

老人にリンチを加える場面が

延々と続く

こんなキチガイ映画作って

「自分自身が嫌になる」と言わなければ

白石がこの映画を作った、

その目的や意図、

そして、

製作者である

白石和彌の醜悪な正体や

キチガイっぷりを

モロにさらけ出すことに

なってしまいますから。


そして、

最後に

この映画の主演の三名、

山田孝之(闇金ウシジマ)

リリー・フランキー

ピエール瀧



白石という狂った反日朝鮮人の

確信的、共犯者であることを示す

↓の動画をご覧ください。



笑いに紛らわせて

「(この映画を)見る勇気がないのか、」

「見ろコノヤロー、バカヤロー」




狂った反日朝鮮人の山田孝之が

日本人に対して暴言を吐き、

他の二匹がゲラゲラと笑っています。


日本国民の皆さん、

頭のおかしな反日朝鮮人が作った

キチガイ映画に

金なんか絶対に使っちゃだめですよ。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。


プロフィール

多聞兵衛

Author:多聞兵衛

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる