キムチ系の真田十勇士

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

よろしくお願いします。


まずはじめに、

日本という国や、日本人に対して

悪意を持っていない

善良な在日コリアンの皆さん、

どうか私のブログに怒らないください。

私は、

日本という国に住みながら、

日本の国や日本人を憎悪、敵視し、

日本の国や日本人に

災いをもたらそうと活動している

頭のおかしな反日朝鮮人どもは

徹底的に叩きますが、

日本という国や、

日本人に対して悪意を持っていない

善良な在日コリアンの皆さんを

悪く言うつもりは全くありません。

是非ご理解ください。


さて、

今回ご紹介するのは、

日本の侍(サムライ)を貶(おとし)める

「真田十勇士」という

映画もどきの糞コント↓(元は舞台)を作り、




大コケした

堤幸彦なる

反日低脳左翼(コリア系か?)

についてです。


http://netallica.yahoo.co.jp/news/20161001-68810430-cyzowoman

以下、↑から抜粋引用。





映画『真田十勇士』初週7位の大コケ!

「軽すぎ」「興ざめ」批判で、

堤幸彦監督を窮地に!?

前略

「今回は映画化に加え、

舞台版もリニューアルして公演中ですが、

こちらもチケットが余っている状況。

本当なら、

映画と舞台の相乗効果で

盛り上げたかったところでしょうが、

残念ながら共倒れ状態になっています」(同)

実際に映画を鑑賞した人のレビューを見ると、


中略

大半が

「期待していたのに、ガッカリ」

「歴史物としてもコメディとしても中途半端」

といった批判の声で、中には

「今まで見た作品の中で、最悪の映画」

とまで言い切る者も。


「まず、

“真田幸村が実は腰抜けだった”

という同作の設定に対して、

『幸村が腰抜けだったら、

有能な武将が集まるわけないじゃん』


『設定もストーリーも適当すぎる』などと、

異議を唱える人も少なくありません。

後略

▲以上、引用終わり。

ということで、

この「真田十勇士」という

映画とは名ばかりの糞コント

元は舞台だったんですが、

元の舞台もこんな↓内容です。



マキノノゾミ脚本で特徴的なのが、
幸村(加藤雅也)を
「作られた英雄」という虚像に困惑する
等身大の男に描き、
嘘つきで通った猿飛佐助(中村勘九郎)と
“嘘”で結びつけた点だ。
「嘘もつき通せば真になる」
というお調子者の佐助が、
徳川と豊臣最後の決戦を前に、
霧隠才蔵(松坂桃李)と組んで、
幸村というカリスマ武将の“振付師”となる。


で、この堤幸彦という低脳は

映画を装った糞コント「真田十勇士」に関する

マスコミのインタビューの中で、

インタビュアーに


◆信長・秀吉・家康だと誰が好きですか?

と聞かれたところ、

◆「正直、申し訳ないけど権力者には興味がないよね。」

と答えており、

「茶化す対象としては信長あたりは

とってもおもしろそうだけれど。」

とも述べています↓。

http://news.ameba.jp/20160929-284/

この「権力者に興味はない」

という言葉を聞いて

ピンと来た方もおられると思いますが、


そうです、この堤幸彦という低脳、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%A4%E5%B9%B8%E5%BD%A6#.E7.B5.8C.E6.AD.B4

↑のウィキにあるように、

「左翼学生運動くずれの反体制バカ」↓



だったんです。

今の若い人たちは

「左翼学生運動くずれの反体制バカ」

と聞いても分からないと思うので、

簡単に説明すると

自由で豊かで平和で治安の良好な

日本という素晴らしい国に

生まれた幸せに感謝することもなく、

北朝鮮や中国のような

キチガイ共産主義独裁国家を

地上の楽園と狂信し、

「俺達ゃ反体制」と喚きながら

(自由な日本で反体制で

独裁体制を崇拝してどうすんだ

この馬鹿ども、

というツッコミは

彼らには無駄です)


日本を共産化すべく、

暴力革命運動

暴力破壊活動に狂奔していた

オメデタイ連中

キチガイ連中
のことです。

堤幸彦みたいな

左翼学生運動くずれの

反体制バカの価値観では

信長、秀吉、家康どころか

サムライという存在そのものが

「百姓を抑圧した極悪人」

ということになってしまうので

こんな低脳左翼が


「まともな時代劇」

を作れるはずがありません。

正常な国では、

「真田十勇士」のような

一般の日本人を不愉快にさせるだけの

「誰も見ない糞コント」は

市場の原理により

消えて無くなっていくものですが、

今の日本ではそうではないようです。

この堤幸彦という

学生運動くずれの低脳児は

先述したインタビューの続き↓で

http://news.ameba.jp/20160929-284/

こう↓述べています。

「へこたれないですよ、私は。

どんな低視聴率でもへこたれない(笑)。」

つまり

今の日本では、

「誰も見ない」

「興行的に成立しない」

「正常な日本人を

不愉快にさせるだけ」



反日的な糞コントでも(だからこそ)

その制作費をいくらでも出す

頭のおかしな連中が存在するんです。


言うまでもなく、

そいつらは「日本人」ではありません。

日本に密入国してきながら

「強制連行された」と強弁している

「某半島出身連中」の末裔です。


堤幸彦よ

オマエはホンマにクズやな

サムライをおとしめるために

「真田十勇士」みたいな

糞コント作ってるヒマがあったら

低脳左翼は低脳左翼らしく

百姓一揆やテロリストや

左翼ゲリラを

美化する映画でも作ってろ

ボケ、カス、マヌケ。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

吐き気を催す蓮舫の醜悪な正体

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

よろしくお願いします。


爆笑間違いなしの痛快動画↓



↑の動画

蓮舫が蓮舫を追及してるように

編集されてるんですが、

蓮舫の過去のスパイ的行動から

発言から何からすべて網羅されてます。

動画のアップ主さんのコメント↓


少しでもミスをしたことが

疑われる他者に対しては、

汚い物でも見るように超ヒステリックな罵倒で

「極悪人」扱いする蓮舫議員ですが、

決定的なミスを犯した自分に対しては、

ほんのり笑いを浮かべながら

「何も知らない不遇の被害者」

であるかのように

世間の目を誘導する一方で、

自分に対する冷静な批判者に対しては、

まるで

「多様性を認めないレイシスト」

のように悪魔化しました。

蓮舫議員や一部マスメディアの

情報操作とは正反対に、

実際には

他者の多様性を尊重している

現代の日本国民は、

このように

恐ろしいほどのダブルスタンダードな人物に対して

「騙されたふりをして許容する」

という

大人の対応を見せてきましたが、

そろそろ

「騙されたふりをして許容しない」態度が

必要であると考えます。

すなわち、

このような都合の良い言説の人物に対して

けっして期待を持つことなく、

常に批判的な目で行動をチェックし、

信賞必罰で対応すべきであると考えます。

ちなみに信賞必罰で対応すれば、

罰のみ積み上げられていくことになるでしょうから、

蓮舫議員は落選、

民進党は影も形もなくなると思います(笑)

◆以上、動画のアップ主さんのコメントです。

こんな蓮舫みたいな

化け物のような奴を

日本の国会に

野放しにしておいて

いいんでしょうか?


いいはずがありません。

既に再生400000回を

超えている動画ですが、

もっともっと徹底拡散して、

化け物の蓮舫を

日本の国会から叩き出しましょう。

日本国民の皆様

ご協力をお願いします。

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

よろしくお願いします。

移民・難民の味方ジェダイマスター宮家邦彦先生VSダークサイドに覚醒したドイツ人おばさん

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

よろしくお願いします。


自国へのこれ以上の

移民・難民の流入を食い止めるため↓

イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票

EU離脱を決めた英国民を

厳しく叱る

移民・難民の救世主で

ジェダイの騎士


でもある

宮家邦彦先生の有難いお言葉を

以下に抜粋引用します。

http://www.sankei.com/premium/news/160627/prm1606270009-n1.html

英EU離脱は「ダークサイドの覚醒」となる

日本は勃興する勢力に備えよ

CIGS研究主幹・宮家邦彦

前略

昨年末あたりから

筆者(宮家邦彦)は繰り返しこう書いてきた。

◆現在世界中で醜く、不健全で、

無責任な、大衆迎合的ナショナリズムが闊歩している。

21世紀に入り世界各地で貧富の差が一層拡大した。

前世紀後半まで

それなりの生活ができた中産階級が

没落し始めたからだ。


彼らの怒りは

外国、新参移民と

自国エスタブリッシュメントに向かう。

強い不平等感を抱く彼らは

何に対しても不寛容で、時に暴力的にすらなる。

筆者(宮家邦彦)は

これを「ダークサイドの覚醒」と呼んできた。


欧州大陸での

◆反イスラム・反移民の極右運動や

米国のトランプ旋風だけではない。


中東「アラブの春」運動や中国で

習近平総書記が進める反腐敗運動などの

政治社会的背景も基本的には同じだ。

それがあの英国ですら起きたのだから、

もう世界的に定着したと考えてよいだろう。

中略

今回の英国EU離脱騒動は

日本にとって対岸の火事ではない。

日本人が得るべき教訓は、

常に理性的に行動し、

決して感情的にならないこと。

そして、

無責任な左右のナショナリズムを排しながら、

普遍的価値を尊重する勢力との連携を

貫くことの重要性である。

(CIGS研究主幹・宮家邦彦みやけ くにひこ)

▲以上、抜粋引用終わり。

ということで、

移民・難民の救世主

ジェダイの騎士・宮家邦彦先生
は、


「自国へのこれ以上の

移民・難民の流入を食い止めるため

EU離脱を決めた英国民」


を始め

(EU加盟国は

EU圏内では国境で人間の往来を

制限することはできません。

つまり、

ギリシャに入り込んだ

中東の移民・難民は

EU圏内を自由に移動できます。)

ダークサイドに覚醒した

排他的な極右を厳しく叱り飛ばし、


「いいか、

お前ら日本人も

愚かな英国人と

同じ轍を踏むなよ」




有難い忠告を

我々日本国民にお与えくださっております。


ということで、

↓のユーチューブの動画の二十六秒前後で




移民・難民の救世主

ジェダイの騎士・宮家邦彦先生が

厳しく叱り飛ばしている


ダークサイドに覚醒した

排他的な極右勢力の

典型的ドイツ人おばさんの姿


目にすることができます。

ちなみに

上記に抜粋引用した

宮家邦彦先生の文章の最後にある

「普遍的価値を尊重する勢力」とは、

「移民・難民を

無制限に受け入れない奴らは

キチガイ極右だ」


と主張する

地球市民教の信者を意味します。

いうまでもなく

地球市民教とは

「国境や民族の枠組」を

悪として全否定し、

それらの消滅・解消に血道をあげる

頭のおかしな学生運動くずれの鬼畜極左が

「僕たちは左翼と違って安全だよ」



何も知らない一般の日本国民を騙すために

考え出した新手の詐欺商法です。


移民・難民の救世主で

ジェダイの騎士・宮家邦彦先生は、

中国共産党の独裁者・習近平

も批判していますが、

それは単に

宮家邦彦自身の正体

「民族や国境の枠組」を

悪として全否定し、

チャイナ共産党に対して

強烈な親近感・崇拝心を持つ

頭のおかしな極左
であることを

覆い隠すための方便です。

キチガイ宮家邦彦は

中東や北アフリカからの

移民・難民の大量流入によって

無法地帯と化したドイツへ

今すぐ旅立ち、

↓の動画に出てくる



哀れな被害者である

移民・難民と共に暮らし、

一日も早く永遠の眠りについてください。

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

よろしくお願いします。