ガッツポーズ論争に関して

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

よろしくお願いします。


◆参考エントリー↓

日本を狂わせている思想の源流(その1)

日本を狂わせている思想の源流(その2)

リオ五輪男子柔道七十三キログラム級で

無敵の強さを発揮し

金メダルを獲得した大野将平選手は

決勝戦で一本勝ちした後、

ガッツポーズすることなく

相手選手に深々と一礼し、

試合場を降りた後、

日本のマスコミのインタビューに答える中で

「五輪は日本の心を見せる場でもあるので、

負けた相手選手に対する礼儀として

ガッツポーズをしなかった」

という意味のことを述べました。

近年、

大相撲の横綱や日本人柔道選手の

ガッツポーズや派手なパフォーマンス



否定する意見に対して、


「考えが古臭い」といった類(たぐい)の

愚かな批判が

日本国内では見受けられますが、

(日本の伝統的な武道系競技と

他の卓球等のスポーツとは取りあえず

分けて考えます。)

大野将平選手の

リオ五輪優勝後のコメントを目にすれば、

このガッツポーズ肯定・否定論争の裏にあるのは、


「日本独自の文化・日本独自の価値観」

「日本人の伝統的な国民性・日本人の美徳」



尊重するかしないか?

「日本人としての誇りの有無の問題」

より具体的に言えば、

「日本の伝統を守ろうとする日本人

(サイレントマジョリティ)」




「日本の伝統を憎悪・敵視し、

破壊しようとしている

反日的な

在日コリア人や反日日本人

(ノイズィーマイノリティ)」




問題であることが分かります。


(繰り返しますが、

卓球やテニスその他の

欧米由来のスポーツに関しては

話は別です。)

たとえば

他競技、他国の例でいうと

ラグビー世界最強国

ニュージーランド(NZ)代表オールブラックスは、

国際試合の前に必ず

NZの先住民族マオリの

闘いの前の儀式「ハカ」を行ないます。


先住民族の原始的な踊りに過ぎないハカを

「ダサい、古臭い」と感じるか、

「誇らしい」と感じるか?


それはNZ人が、

自国の歴史・伝統・文化に対して

誇りや敬意を持っているか否か

によって決定的に左右されます。

健全なNZ人は、

自国の歴史・伝統・文化に

絶対的な自信と誇りを持っている

からこそ

先住民族の原始的な踊りに過ぎない「ハカ」を

国際試合の前に誇らしげに行ない、

「ハカ」を見た世界中の人々も

「自国の歴史や伝統に対するNZ人の自信と誇り」



ハカから感じるから大きな拍手を送ります。

国技大相撲の横綱や

一部の日本人柔道選手のガッツポーズに関する

日本国内の肯定派・否定派両者の

意見の衝突に関しても

全く同じことが言えます。


「横綱や柔道選手のガッツポーズはみっともない」

という主張を

「古臭い、ダサい」として否定するか、

「当然のこと」として肯定するか?

それは、

リオ五輪で無敵の強さを発揮し金メダルを獲得した

大野将平選手の

「五輪は日本の心を

世界に見せる場でもあるので

相手に対する礼儀として

ガッツポーズはしなかった」


という意味の言葉を見ればわかるように、

我々日本人が、

「日本独自の伝統的な価値観や美徳」に

絶対的な自信と誇りを持っているか否かに

決定的に左右されます。


しかし、

今の日本の圧倒的大多数の若者というか

大多数の日本人は、

戦後一貫して、

日本の伝統的な国民性や

日本人の伝統的な価値観を

やれ

「封建的だ」とか、

「古臭い」だとか

「個性がない」だとか

否定的な角度からしか

考察、報道しない

頭のおかしな反日マスコミと


(日本のマスコミ業界には

大量の在日韓国・朝鮮人が

潜り込んでいます)


「日本の伝統的文化や

日本人の伝統的国民性の

素晴らしさを

全く教えない学校教育」

によって

「日本人としての誇り」を完全に去勢され、

日本の武道と切り離すことのできない

「日本独自の価値観」

「日本人の伝統的な国民性」

「日本人の美徳」



「ダサい」と感じるように

洗脳されてしまっているのです。

一時期、日本国内で言われていた

「柔道は古臭く面白くないから、

人気が出るように、

視聴率が取れるように


(テレビの演出等を)

現代風にアレンジしろ」

という愚かな主張も

「根っこ」を辿っていけば全く同じ類(たぐい)の

「頭のおかしい反日的な連中

(反日的コリア人を多数含む)」


その震源地です。

そして

今の日本のTVドラマや映画の内容は、

そのほとんど全てが

「過去の日本人の

伝統的な価値観や美徳や国民性を

徹底的に破壊する」

つまり

日本の若者に対して

「日本の伝統的な価値観や

日本人の伝統的な国民性に対する

嫌悪感や侮蔑の念」

を刷り込む

という意図の下に作られている

と言って過言ではありません。

分かりやすい一例を挙げれば、

登場人物のキャラクターが

「気が強い女性(というよりも野蛮で下品な女性)」



「気が弱く優柔不断な男性」



設定されているドラマ(時代劇まで!!!)や

映画(CMまで)の異常なまでの多さです。


これは明らかに

「金持ち(ブルジョア)」

に対して

「貧しい人(労働者)」

が復讐するという

「左翼的な階級闘争の概念」を

男女の関係にスライドさせた

フェミニズム思想(女権拡張思想)の影響であり、

日本の女性

(男性に抑圧されてきたと

日本のフェミニストが狂信する)



野蛮化

(狂ったフェミニストによると

解放ということになります)

させると同時に、

日本の男性を精神的に去勢

(生殖器を切除すること)するための

「完全な刷り込み」であり、洗脳です。

日本のフェミニストの教祖的存在である

米国の性科学者ジョン・マネーは、

自著において自身の過去を振り返り、

「私は自分が男であることに

罪の意識を覚え、苦しんだ・・・

私はよく思ったものである。

家畜だけでなく、

人間の男も誕生時に去勢されたら、

世界は女性にとって

より良い場所になるのではないかと」


(コラピント著「ブレンダと呼ばれた少年(扶桑社)」から引用です。)

と述懐しています。

日本のマスコミ関係者が近年、

面白がって取り上げる「日本の草食系男子」とは、

日本の狂った反日マスメディアの洗脳が完全に成功し、

「精神的に去勢された日本の男」であり、

日本のフェミニストたちの

「男女共同参画社会の実現」

という主張・運動の背後には、

マネーの自著にある

「人間の男も去勢されれば女にとって

世界は住みやすい場所になる

(と同時に戦争が無くなり世界は平和になる)」

という狂信が隠されていることに

一日も早く我々日本人は気づかねばなりません。

日本を北朝鮮や中国のような

共産主義独裁国家にしようと

暴力破壊活動に狂奔していた

「学生運動くずれの頭のおかしな人たち」



今の日本の全てのTV局の番組制作現場には

大量に潜り込んでいますが、

日本の場合、

学生運動くずれの狂人が、

同時にフェミニストであったり、

在日韓国・朝鮮人であったりするため

その毒性・狂気性は、

他の国に類を見ない恐ろしいものになっています。

日本国民を

地球市民化する

無国籍化する

という狂信に取り憑かれ、

「国家という枠組」そのものを

悪しきものとして全否定する

彼ら彼女らの目的は言うまでもなく

「日本という国・共同体の解体」です。

日本の狂ったTVドラマや

映画を見ている日本の子供たちは、

日本の大人や教師に対する

信頼ではなく、

不信を植えつけられ、

「素直な心」を失い、利己的になり、

秩序・礼節・道徳を失い、

目上の者に対する尊敬を失い、感謝の心を失い、

不平・不満を刷り込まれ、

男は優柔不断で臆病になり、

女は下品で乱暴になり、

自分の生まれた日本という国そのものや、

日本の歴史や伝統や文化に誇りを持てなくなる。

これが今の日本の狂ったTV業界・マスコミ業界

(NHKも全く同じです)が

作り出している日本の現実ですが、

日本のTV番組や映画あるいは

その他のメディアが垂れ流す情報の内容が、

このような

反日的・反道徳的なものになっている原因は、

決して、

「視聴率優先主義」とか

「過度の金儲け主義」を推し進めた結果、

自然にそうなった。

等というものではありません。

日本のTV業界や

映画会社・出版社・新聞社に

大量に潜り込んでいる

反日的な在日コリア人や

フェミニストを多数含む

狂った日本の学生運動くずれの狂人どもが、

日本の国を解体する

(自分たちの生まれた国・日本に対する

嫌悪や侮蔑の念を

日本国民に刷り込むと同時に、

韓国や中国に対する親近感を刷り込む)

という明確な悪意の下に行なっている

日本国民に対する洗脳工作

それが今の日本の多くのTVや

映画やワイドショー番組の内容です。

近年の国技大相撲の著しい衰退の原因も同じく、

「日本の伝統的な国技としての相撲に対する

日本人の愛着や敬意や信頼の欠如」

に由来していて、

欧州やモンゴルから

外国人力士を大量に日本に送り込む

高須基仁のような

学生運動くずれで

反日コリア人のブローカーが

国技大相撲の周辺には暗躍しています。

付け加えて言えば、

日本国民の神経を逆なでするような

白鵬の傍若無人な振る舞い

プロボクシングの亀田親子の

金儲けのためのチンピラパフォーマンスも

それを陰で煽り、面白がって報道し、

裏で笑っているのは、

日本の鬼畜のような反日マスコミ関係者であり、

「日本の歴史・伝統・文化・日本人の国民性」



敵視し、憎悪し、

それらを徹底的に破壊しようとしている

日本国内の反日的な人達(主として在日コリア人)です。


(横綱白鵬と亀田親子の決定的な違いは、

白鵬が小松成美のような

日本の反日コリア人マスコミに踊らされ

利用されているだけなのに対して、

亀田親子は

「日本という国と日本人を憎悪する」

という部分において、

日本の狂った反日マスコミの

確信犯的共犯者であったということです。)

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

よろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント