FC2ブログ

◆本田圭佑終了のお知らせ

スポーツ文化
08 /15 2019
応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。


毎年八月十五日は、

我那覇真子さんのお話↓を

聞こう。




本田 見えない東京五輪への道



▼以下↑の記事から

抜粋引用




東京五輪出場を目指す

元日本代表エースMF

本田圭佑(33)が

窮地に追い込まれた。

昨季限りで

オーストラリア1部

メルボルン・ビクトリーを退団し、

欧州主要リーグの

強豪クラブ入団を切望。

現状ではマイナーリーグの

上位クラブから

複数のオファーがあるものの、

移籍先は決まっていない。

シーズン開幕まで期限は

刻一刻と迫っており、

東京五輪への道筋は

見えないままだ。




後略



▲以上、抜粋引用終わり



現役のサッカー選手を続けながら

サッカーカンボジア代表監督となった

本田圭佑は、

「真面目にサッカーで勝とう」

という

意思のあるプロのサッカークラブから

完全に見放された。

当たり前である、

「現役サッカー選手でありながら

サッカーカンボジア代表監督を務める人間を

自分たちのチームに

純粋な戦力として呼びたい」

と考える

アホな人間は

世界中探しても存在しない。

もし、仮に

カンボジア代表監督の

本田を呼ぶチームがあるとすれば

それは、そのチームに

「宣伝や話題作り等」

あるいは

「スポンサー集め」その他

「チームの戦力補強」以外の部分で

「自らの

サイドビジネスのために

常にマスコミの注目を

集めていたい本田圭佑」




共通の利益があるからに

他ならない。

日本でも

川淵三郎氏を始め

本田圭佑のカンボジア代表監督就任当初

「現役のサッカー選手でありながら

カンボジア代表監督の本田ってスゲー」

みたいなことを

喚いてたマヌケな奴らがいたが、


「プロサッカー選手でも

サッカーの試合、練習以外に

使える時間がいくらでもある」


という理屈で

表面上、取り繕うことはできても

「選手としてサッカーに賭ける」

という

意識の欠如は

自分自身の潜在意識において

誤魔化しようがなく、

本田圭佑を筆頭に

サッカーで育ててもらった

にもかかわらず

サッカーを馬鹿にし、

本田の猿真似で、

現役サッカー選手を続けながら

サイドビジネスに狂奔している

長友佑都その他

本田の弟子たちの

現役サッカー選手としての終わりが

目の前に迫っていることは

間違いない。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

多聞兵衛