キムチ系の真田十勇士

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

よろしくお願いします。


まずはじめに、

日本という国や、日本人に対して

悪意を持っていない

善良な在日コリアンの皆さん、

どうか私のブログに怒らないください。

私は、

日本という国に住みながら、

日本の国や日本人を憎悪、敵視し、

日本の国や日本人に

災いをもたらそうと活動している

頭のおかしな反日朝鮮人どもは

徹底的に叩きますが、

日本という国や、

日本人に対して悪意を持っていない

善良な在日コリアンの皆さんを

悪く言うつもりは全くありません。

是非ご理解ください。


さて、

今回ご紹介するのは、

日本の侍(サムライ)を貶(おとし)める

「真田十勇士」という

映画もどきの糞コント↓(元は舞台)を作り、




大コケした

堤幸彦なる

反日低脳左翼(コリア系か?)

についてです。


http://netallica.yahoo.co.jp/news/20161001-68810430-cyzowoman

以下、↑から抜粋引用。





映画『真田十勇士』初週7位の大コケ!

「軽すぎ」「興ざめ」批判で、

堤幸彦監督を窮地に!?

前略

「今回は映画化に加え、

舞台版もリニューアルして公演中ですが、

こちらもチケットが余っている状況。

本当なら、

映画と舞台の相乗効果で

盛り上げたかったところでしょうが、

残念ながら共倒れ状態になっています」(同)

実際に映画を鑑賞した人のレビューを見ると、


中略

大半が

「期待していたのに、ガッカリ」

「歴史物としてもコメディとしても中途半端」

といった批判の声で、中には

「今まで見た作品の中で、最悪の映画」

とまで言い切る者も。


「まず、

“真田幸村が実は腰抜けだった”

という同作の設定に対して、

『幸村が腰抜けだったら、

有能な武将が集まるわけないじゃん』


『設定もストーリーも適当すぎる』などと、

異議を唱える人も少なくありません。

後略

▲以上、引用終わり。

ということで、

この「真田十勇士」という

映画とは名ばかりの糞コント

元は舞台だったんですが、

元の舞台もこんな↓内容です。



マキノノゾミ脚本で特徴的なのが、
幸村(加藤雅也)を
「作られた英雄」という虚像に困惑する
等身大の男に描き、
嘘つきで通った猿飛佐助(中村勘九郎)と
“嘘”で結びつけた点だ。
「嘘もつき通せば真になる」
というお調子者の佐助が、
徳川と豊臣最後の決戦を前に、
霧隠才蔵(松坂桃李)と組んで、
幸村というカリスマ武将の“振付師”となる。


で、この堤幸彦という低脳は

映画を装った糞コント「真田十勇士」に関する

マスコミのインタビューの中で、

インタビュアーに


◆信長・秀吉・家康だと誰が好きですか?

と聞かれたところ、

◆「正直、申し訳ないけど権力者には興味がないよね。」

と答えており、

「茶化す対象としては信長あたりは

とってもおもしろそうだけれど。」

とも述べています↓。

http://news.ameba.jp/20160929-284/

この「権力者に興味はない」

という言葉を聞いて

ピンと来た方もおられると思いますが、


そうです、この堤幸彦という低脳、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%A4%E5%B9%B8%E5%BD%A6#.E7.B5.8C.E6.AD.B4

↑のウィキにあるように、

「左翼学生運動くずれの反体制バカ」↓



だったんです。

今の若い人たちは

「左翼学生運動くずれの反体制バカ」

と聞いても分からないと思うので、

簡単に説明すると

自由で豊かで平和で治安の良好な

日本という素晴らしい国に

生まれた幸せに感謝することもなく、

北朝鮮や中国のような

キチガイ共産主義独裁国家を

地上の楽園と狂信し、

「俺達ゃ反体制」と喚きながら

(自由な日本で反体制で

独裁体制を崇拝してどうすんだ

この馬鹿ども、

というツッコミは

彼らには無駄です)


日本を共産化すべく、

暴力革命運動

暴力破壊活動に狂奔していた

オメデタイ連中

キチガイ連中
のことです。

堤幸彦みたいな

左翼学生運動くずれの

反体制バカの価値観では

信長、秀吉、家康どころか

サムライという存在そのものが

「百姓を抑圧した極悪人」

ということになってしまうので

こんな低脳左翼が


「まともな時代劇」

を作れるはずがありません。

正常な国では、

「真田十勇士」のような

一般の日本人を不愉快にさせるだけの

「誰も見ない糞コント」は

市場の原理により

消えて無くなっていくものですが、

今の日本ではそうではないようです。

この堤幸彦という

学生運動くずれの低脳児は

先述したインタビューの続き↓で

http://news.ameba.jp/20160929-284/

こう↓述べています。

「へこたれないですよ、私は。

どんな低視聴率でもへこたれない(笑)。」

つまり

今の日本では、

「誰も見ない」

「興行的に成立しない」

「正常な日本人を

不愉快にさせるだけ」



反日的な糞コントでも(だからこそ)

その制作費をいくらでも出す

頭のおかしな連中が存在するんです。


言うまでもなく、

そいつらは「日本人」ではありません。

日本に密入国してきながら

「強制連行された」と強弁している

「某半島出身連中」の末裔です。


堤幸彦よ

オマエはホンマにクズやな

サムライをおとしめるために

「真田十勇士」みたいな

糞コント作ってるヒマがあったら

低脳左翼は低脳左翼らしく

百姓一揆やテロリストや

左翼ゲリラを

美化する映画でも作ってろ

ボケ、カス、マヌケ。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント