FC2ブログ

三橋貴明こそビッグブラザーを招き寄せる死神

政治
01 /22 2020
応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。


死神・三橋貴明と

中核派に操られる山本太郎の

猿芝居↓




森羅万象の歴史家さん

http://oncon.seesaa.net/article/472166633.html

↑のブログで指摘するように

過去の歴史を振り返ると、

米国共和党フーバー政権(保守)の

緊縮経済政策によって

米国経済が破たんした結果、


「米国民主党の

フランクリンDルーズベルト政権」


(第二次大戦後、ヴェノナ文書↓によって、

https://ja.wikipedia.org/wiki/ベノナ

旧ソ連のスパイたちに

当時の米国民主党

フランクリンDルーズベルト政権が

乗っ取られていたことが

明らかにされた。)


政権を奪取し

大規模な公共事業を

ニューディール政策によって実施し、

米国経済を劇的に復活させ、

米国民の支持を得、

世界戦争に突き進んでいった。


また、

国民社会主義ドイツ労働者党

ヒトラーのナチスドイツ


第一次世界大戦の敗戦と

その後のヴェルサイユ条約によって

壊滅的な打撃を受けたドイツ経済を

アウトバーン建設などの

大規模な公共事業によって

劇的に回復させ

ドイツ国民の圧倒的な支持を受け、

第二次世界大戦へと邁進した。


これと全く同じことが

今の日本で起きようとしている、

すなわち、


自民党政権による

消費増税と緊縮経済政策によって

日本経済が壊滅状態に向かいつつある中、

三橋貴明や藤井聡といった

詐欺師連中


山本太郎という

山本太郎は中核派の支援候補

中核派を背景にもつ、

極左の反日売国奴を担ぎ、

デフレ下の経済政策としては正しい

MMT理論を教え込み

極左政権の成立を目論んでいる。


渡邊哲也さんその他一部の

良心的な経済評論家は

財務省その他、

中央省庁の高級官僚の中に

消費増税を強行し、

緊縮政策を続けることで

日本経済を意図的に破たんさせ、

政権交代(革命)を目論んでいる

極左が存在する可能性を

指摘しているが、


日本経済を

破たんさせることが明らかな

消費増税を

財務省の役人が強行した

その動機
に関して

三橋貴明は、


「消費増税を強行した

財務省の役人は

出世できるから。

出世が目的で

財務省の高級官僚は

多くの日本国民を

死に追いやっている。」


等という

荒唐無稽な説を唱え、


「消費増税を強行した

財務官僚の正体が

日本経済の破たんと

革命を

目論んでいる極左」


である可能性が高いことを

徹底的に隠ぺいしている。


その理由は、

消費増税を強行した

財務省の高級官僚と

三橋、藤井らは

政治イデオロギーにおいて

同志だからだろう。


キチガイじみた反米狂であることが

近年とみに明確になってきている

三橋貴明と藤井聡だが、

三橋や藤井が

安倍晋三氏に対し

理を尽くして

「消費増税の危険性」



訴えてきたはずだ。

(なのに何故、安倍晋三氏は

消費増税を強行したのか?)

というのは単なる

我々の思い込みだったのだ。


ヒトラーのナチスドイツも

極左の米国民主党ルーズベルト政権も

正しく

大規模な公共事業によって

壊滅的な状況にあった

ドイツ経済、米国経済を

劇的に立ち直らせた、

しかし、

その後ヒトラーのナチスドイツも

米国民主党ルーズベルト政権も

世界戦争を始めた。


大恐慌下において

正しい経済政策を実施した政権が

「社会主義者の戦争狂」によって

率いられていた
という

過去の歴史を鑑みれば、

在日コリアン山本太郎らが関与する

極左政権に

大規模な公共事業を

絶対に行わせてはならない。

もし、それが現実になれば

我が国は

日米同盟の解消に向かい必ず滅ぶ。

それぐらいのことが

三橋貴明や藤井聡に

理解できないはずはない。


旧ソ連の恐ろしい抑圧の

全体主義体制を風刺した

ジョージ・オーウェルの名著

ディストピア小説

「一九八四年」に出てくる

独裁者ビッグブラザーを

自身のブログの題名とし

その危険性に

警鐘を鳴らすような

ふうを装っている

三橋貴明こそ

新世紀のビッグブラザーを

我が国に招き寄せる

死神だったのだ。


我が国の破滅を避けるには、

自民党の佐藤正久さんのような

真の保守系政治家に

目の前にある危機に気づいてもらい、

大規模な公共事業や

財政出動を柱とする経済政策と

消費税の廃止を断行してもらうしかない。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

多聞兵衛