fc2ブログ

橋下徹の逮捕あるいは国外逃亡目前

政治
05 /22 2022
応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。











🔶おすすめブログ記事

是非読んでください↓


新たな夢へ向かう斎藤佑樹投手

王道の人・森保一監督

大谷翔平が萩野公介惨敗の原因を教えてくれる

鷲田康という犯罪者

大坂なおみさんと「鬼畜=山口奈緒美(テニスライター)」

日本代表競泳陣を崩壊させた戦犯その1・鈴木忠平

洗脳された瀬戸大也選手

日本国民と日本代表アスリート理想の関係

テロリスト小池百合子と東京五輪つぶしを目論む「頭のおかしな反日勢力」のえげつない攻撃

反日鬼畜勢力の謀略にはまったウルフ・アロン選手

日本の左翼とイスラム教の関係に気づけば今の日本の危機が見えてくる。

品格ある日本男児・大谷翔平はTVアニメ「キャプテン」を地で行く男

大坂なおみさんの御家族、身内の方々へ

大谷翔平、桃田賢斗、内村航平、大坂なおみ、素根輝選手(のお母さん美香さん)

アスリートのメンタルヘルス考

日本の五輪代表選手の皆さまへ

「狂人=鷲田康」らの暗躍に巨人・原監督は気づいているのでしょうか?

筒香さん、菊池雄星さんへ

八村塁、阿蓮選手兄弟に気づいてほしいこと

古賀稔彦さんから日本国民へのメッセージ

頭のおかしな石田雄太と球数制限強制派

球数制限強制派の狂気

イチローと貴乃花のフィールドオブドリームス











↑の橋下が主催するネット番組の終了直前

突如、橋下徹自身の方から

「上海電力の件は入札だから、入札だから」と

上海電力謀略(日本国家転覆)に関して喚きだし、



(なぜ日本の発電事業への上海電力の参入が

日本国家転覆の謀略なのか説明すると

上海電力は

中国共産党の完全な支配下にある国営企業で

【これもご存じない方のために捕捉すると

中国では中国政府は中国共産党の下部組織

という位置づけです。】

🔶中国には

「中国政府がひとたび

『有事になった』

もしくは

『中国の国益が脅かされた』

と判断すれば

対中進出している日系企業も含めて

日本国内の全ての中国人および

中国政府の影響下にある組織、企業、団体等

すべてのヒト・カネ・モノを

中国政府が

合法的に完全な支配下に

強制的におくことができる

すなわち

戦時統制下におくことができる」

国防動員法という法律があり、

現実がどうあれ

「中国の国益が脅かされた」



独裁国家、全体主義国家の

中国共産党が

恣意的に判断すれば

国防動員法に基づき

上海電力はすぐに戦時統制下におかれ

日本国内への電力供給を中止

あるいは、

それ以上の日本国、日本国民に対する

敵対工作、破壊工作に

出てくる可能性があるからです。)




すぐに番組終了

ところが橋下徹の

上海電力謀略(日本国家転覆)を

ここまで一歩一歩確実に追い詰めてきた

ジャーナリストの山口敬之さんが

橋下徹のウソを速やかに指摘↓



この中で

橋下徹の

「国家転覆犯罪=上海電力謀略」に関して

公開質問状を叩きつけた。

「大阪市の咲洲メガソーラーへの

上海電力参入は入札だった」

という橋下徹の発言は大嘘で


咲洲メガソーラーに関して入札を行ったのは一回だけ

その一回に上海電力は参加しておらず、

参加したのは伸和工業と日光エナジー開発という

日本の会社ふたつのみ、

そして落札した伸和工業が10日後に

合同会社を設立、そこに上海電力が出資

上海電力が乗っ取り事業主となる。

ここに中国共産党配下の上海電力による

日本の電力事業へのステルス侵略完成。

ちなみに

橋下徹は大阪府知事時代、既に

当時の民主党政権時の総務大臣・原口一博と

日本の国をいかに転覆させるか



密談↑していました。

それはさておき

上海電力が入札に参加していなかった事実を

当時の橋下徹大阪市長が知らないはずはなく

あえて「あれは入札だから」と

自ら墓穴を掘る大嘘をついたことからも

橋下徹が相当あせっていることがわかります。


さらに

橋下徹は当該ネット番組の中で

WTOルールを持ち出し、

「国籍を問わず特定の企業を

咲洲メガソーラー事業の入札から

排除することはできない」

と弁明、

ところがどっこい

その当の上海電力が

自社のホームページで

「咲洲メガソーラーは

大阪市の招致によって

参加した」


と明言。



以下、山口敬之さんの橋下徹に対する

三つの公開質問







その1

上海電力の参入が入札だと言うなら

その入札日時と内容を明確にせよ。


その2

上海電力を

大阪の発電事業に参加するよう

要請、招致した当時の

大阪市の責任者・当事者を明らかにせよ。


その3

橋下徹は上海電力関係者と

二〇一三年九月~二〇一四年三月までの間に

何回面会したか?明らかにせよ




▲以上、



橋下徹は

「大阪市の入札に

参加している企業を

全て把握するのは無理」




「きちんと法整備をしていなかった国の責任」



だとか

見苦しい言い訳を連発していますが

沖縄の基地問題に関する

橋下徹の過去の自著

「沖縄問題、解決策はこれだ!」

における発言↓と







沖縄はいまは、

普天間基地の辺野古移設に

様々な抵抗を仕掛けていますが、

防戦一方です。

防戦だけでは事態は開けません。

やはり攻撃に反転しなければならない。

「沖縄の独立」

「沖縄の港を中国に貸すこと」

を問う住民投票は、

沖縄の反転攻勢のきっかけになるでしょう。



中略



ケンカをするなら、

最後は覚悟、気迫です。

「政府与党や本土の国民が

沖縄の主張に一切耳を

傾けてくれないのであれば、

沖縄の方から日本にさよならを言い渡す。

そして日本が一番嫌がること、

すなわち

沖縄に中国の拠点を作ることに

本気で取り組むぞ」

という覚悟と気迫を持って、

政府与党や本土と交渉しなければ、

政府与党や本土を動かすことはできない。







先にご紹介した↓の動画を見れば



橋下徹が、

日本国国家の転覆を意図する

狂った無政府主義者(アナーキスト)

としての

アイデンティティに基づき

中国共産党の支配下にある

上海電力を日本の発電事業に参入させ

再生エネルギー付加税として

年間2兆円といわれる日本国民の税金を

上海電力=中国共産党に吸い上げさせ

さらに

中国共産党が成立させた

国防動員法を利用し

日本の電力供給に致命的な悪影響を与える

日本国家転覆工作を実行に移した
ことは

誰も否定のしようがありません。

狂ったアナーキスト橋下徹の逮捕

あるいは

橋下徹の国外逃亡は

目前に迫っていると見て

間違いないでしょう。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

多聞兵衛