トランプ米大統領とメルケル独首相

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

よろしくお願いします。


http://www.news24.jp/articles/2017/01/16/10351605.html

以下↑から、

ドナルド・トランプ米国大統領の発言を

抜粋引用しました。




前略

難民受け入れを進めたドイツのメルケル首相については

「政策は破滅的な誤りだった」と批判した。

トランプ氏

「メルケル首相は非常に破滅的な誤りをひとつ犯した。

どこから来たのか誰も知らないような人々を

みんな受け入れてしまった」

▲以上、引用終わり。

米国の新しい大統領に

ドナルド・トランプ氏が就任しました。

トランプ大統領に関する

日本のマスコミのTV報道を見ていると

トランプ大統領やその支持者である米国民が

異常な人間に見えてくるかもしれませんが、

それは錯覚です。

異常なのはトランプ大統領を

徹底的に貶める日本のマスコミの方です。

トランプ大統領を理解するには

トランプ氏個人に焦点を当てるよりも

ドイツ首相のメルケルと比較するのが早道です。

以下のメルケルのウィキに書かれているように

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%AB#.E7.94.9F.E3.81.84.E7.AB.8B.E3.81.A1

西ドイツに生まれたメルケルは

生後間もなく両親と共にベルリンの壁を越えて、

共産主義独裁体制下の東ドイツに移住しています。

分かりやすく言うと、

メルケルの両親は

生後間もないメルケルを連れて

今の韓国から北朝鮮に移住したようなもので、

さらに、↓の記事によると、

http://jp.ibtimes.com/articles/329704

「メルケルは20代の頃に、

(東ドイツの)共産党青年部で

マルクス・レーニン主義教育プログラムを

推進していた」

とのことです。

メルケルが人道主義の名のもとに

中東から何百万人もの移民を

大量にドイツに流入させている↓理由。



それはまさに、

「国境や民族の枠組があるから

世界は平和にならないのだ」

とする共産主義思想に基づき

国境や民族の枠組を破壊する革命を

ドイツに起こしたい。


これです。

↓の動画を見ればわかるように、



ドイツ首相メルケルには

ドイツ国民の生命や財産を守るつもり等まったくなく、

それどころか、

「メルケルが行っている中東移民大量受け入れ」

は、

ドイツ国民に対するテロであり、

暴力革命そのものです。


日本国民の皆さん、

トランプ米国大統領を徹底的に貶める

日本のマスコミ報道をよく観察してください。

彼らは必ずと言っていいくらい

アメリカ第一主義を掲げるトランプ大統領を貶める一方、

ドイツに中東移民を何百万人も流入させたメルケルを

人道主義者として持ち上げます。

何故なのか?

それは日本のマスコミの中枢が

北朝鮮や中国の共産主義独裁体制に憧れ

「国境や民族の枠組」を敵視・憎悪し

一九六〇年代~七〇年代にかけて

我が国で共産革命を起こすべく

暴力破壊活に狂奔していた

学生運動くずれの狂人ども↓の



なれの果ての巣窟だからです。

米国民をメキシコからの

大量不法移民から守ろうとする

トランプ大統領による

メルケルの移民政策に対する批判は完全に正しく、

狂っているのは

人道主義者の皮をかぶった

ドイツ国民に対するテロリスト=メルケルであり、

トランプ大統領を批判し、

メルケルを持ち上げる日本のマスコミです。

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

よろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント