メルケルの恐るべき犯罪

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

よろしくお願いします。




ドイツのケルンで起きた

中東、北アフリカからの移民・難民による

集団性暴行事件に関して


ケルン大晦日集団性暴行事件

以下の文章を↑から抜粋引用しました。



前略

ドイツは2013年に17万人、

2014年に20万人、2015年には

110万人の難民を受け入れてきた。

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は

難民の受け入れについて

難民は具体的に経済と社会に利益をもたらす

「明日のためへのチャンスである」と訴えていた。

一方で、2015年12月、

政府とFacebook、Google、Twitterとの間で、

投稿されたヘイトスピーチを

24時間以内に削除することで合意し、

反移民(英語版)発言への検閲を行っていた。


中略

2015年12月31日から2016年1月1日にかけて

ケルン中央駅とケルン大聖堂前の広場にて

アラブ人・北アフリカ人を主体とした1,000名によって

女性に対する集団性的暴行・強盗事件が繰り広げられた。

警察は性的暴行、

強盗による女性からの被害届が

516件(1月10日現在)に上ることを確認している。


中略

警察署には大勢の女性被害者たちが詰めかけ

皆が抑えきれずに泣き叫んでいた。

被害者のほとんどが10代から20代前半の女性であった。


中略

事件当時、警察は

容疑者5名しか逮捕することが出来なかった。

1月1日、ケルン警察は

12月31日の夜はリラックスした雰囲気で

おおむね平安であったと発表した。

さらに警察は翌週になるまで

事件についてメディアに公表を行わなかった。

被害女性からの警察への届出は1月8日(170件)、

1月9日(379件)、1月10日(516件)と

日を追うごとに増加している。

容疑者の半数強が

アラブ地域・北アフリカからの難民であったことが

警察の調べにより判明している。

中略

2016年1月5日、女性300名が

犯行現場傍のケルン大聖堂前で抗議デモを行った。

女性たちは2015年だけでも

100万人を超える難民を受け入れることを

許可したことにより

性暴行事件が引き起こされたとして

メルケル首相に対する怒りの抗議の声をあげた。

ドイツ当局は4日間にわたり事件を隠蔽しようとした。

ドイツ公共放送局第2ドイツテレビ (ZDF) は

事件から5日経ってから取り上げた。

ZDFは数百人が抗議を行っているにも関わらず

事件について速やかに報じなかったことを謝罪した。


同日、ケルンのヘンリエッテ・レーカー市長は

緊急会見にて、

ケルンの女性はどうやって身を守るべきかと問われると、

将来の被害を防ぐためには、

女性は他人から腕の長さより距離を置くことなどの

行動規範を持つべきであると表明した。

また、慰めになることではないが

他の都市でも起きていることでもあると述べるとともに、

北アフリカから来たように見える一団と

難民を結びつけることは完全に不適切なことである、

事件は難民が背景になっていると

信ずる理由はまったくないと述べている。

この発言を受けて

レーカー市長への怒りと非難が

湧きあがっている。

レーカー市長は

難民危機による緊張の高まりの中で

2015年10月の市長選挙の前日に

レーカー市長が表明した

難民を歓迎するとした方針への反感を

動機とした男性によって刺されている。


後略

▲以上、引用終わり。

ベルリンの壁を越えて多くのドイツ人が

西ドイツに脱出して来ていた当時

共産主義独裁体制下の東ドイツに

生後間もなく

両親と共に移住し↓、


      アンゲラ・メルケル

東ドイツ共産党のエリートとなり↓

http://jp.ibtimes.com/articles/329704

幼い頃から

「共産主義国家(東ドイツ)は善」

「資本主義国家(西ドイツ)は悪」

という

マルクス・レーニン主義による

洗脳教育を受けた

現ドイツ首相のアンゲラ・メルケルは、


「国境や民族の枠組が存在するから

世界は平和にならないのだ」

とする

共産主義

マルクス・レーニン主義の教義に従い、

中東から何百万人もの移民・難民を

今のドイツに流入させ、

民族の枠組を破壊する

暴力革命あるいはテロを

ドイツ国民に仕掛けている↓わけですが、








中東や北アフリカからドイツへ流入した

移民・難民が引き起こした集団性暴行事件を

メルケルやケルンの女市長らは

事件後三日間もの間

徹底的に隠ぺいしていました。

これが自由主義国家のやることでしょうか?

ドイツ首相メルケルによる

大量の中東移民・難民を

ドイツに流入させる政策を

「破滅的な過ち」と正確に鋭く批判した

米国のトランプ大統領を

日本のマスコミは

「全体主義者のヒトラーのようだ」等と

レッテルを貼り、批判していますが、

移民・難民による

おびただしい数の性暴行事件を

テメエらの国家的犯罪が暴かれる危惧から

徹底的に隠ぺいしようとした

メルケルこそヒトラーの生まれ代わりそのもの

だと私は思います。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント