fc2ブログ

「狂気のLGBT法案」を叩き潰すために立ち上がりましょう日本国民の皆さん

文化破壊
06 /19 2023
応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。








LGBT法案と岸田文雄の狂気

LGBT法案の真の狙い

LGBT法案は狂気の妄想から始まった

↑から続いています。



◆今般、我が国の国会で成立した

「LGBT法案」

および

「ジェンダー平等思想」の根拠となる

「ジェンダー・アイデンティティー」なる概念を作った

ジョン・マネー博士
は、

自らが執刀した『双子の症例』の

被験者である兄



(「男らしさ、女らしさは

社会によって

後天的に押し付けられる」

という

マネーの学説

=ジェンダー平等思想を

裏付けるための

モルモットとして去勢され、

女性にされそうになったブレンダ)




女性としての性の自己認識を

確立させようとしました。

マネーが掲げる理論のひとつには、

子供たちが自分たちの性図式

〝ジェンダー・スキーマ〟

(マネーの造語)を形成するには、

きわめて早い時期に

男性と女性の性器の違いを

理解しなければならないというものがあり、

そのためにはポルノグラフィーを用いるのが

理想的であるとマネーは狂信していました。



「あからさまな性描写のあるポルノ写真は

子供の性教育の一環として使えるし、

実際使われるべきである」




ジェンダー・アイデンティティーなる概念を作った

ジョン・マネー博士は

自著『性の署名』のなかで書いています。



(近年、我が国において行われ、

良識ある日本人が危険視する

「幼年期からの過激な性教育」

のルーツこそ

「LGBT法案の元祖」である

狂人ジョン・マネーです。)




ジョン・マネーは



「あからさまな性描写のあるポルノ写真は

性教育の有効な道具である、

子供たちが幼児期に

自分自身の性器を確認することが

男女の性の自己認識決定に

重要な意味を持つ」



と狂信していました。



ジョン・マネーは



「生まれたときの

男女の性の自己認識は中立である、

男女が成長する過程で

『自分は男である、あるいは自分は女である』

という確信を持つのは、

文化的・社会的な影響と同時に、

幼児期から一貫して

自身の性器を確認しているからだ」




したがって



「子供の物心がつかないうちに性転換し、

その後、あからさまな性描写のあるポルノ写真を

幼児期から子供たちに見せて、

男女の性行為における

役割の違いを確認させてやれば、

男の子を女の子として、

あるいは、

女の子を男の子として

育てることができる」




と狂信し、



その狂った自説を証明する為に



「子供を助けたい一心の親心」につけこみ、

親を騙し、

おびただしい数の、

物心つかない幼い男の子たちを

「物理的に去勢した」のです。



(それに便乗したのが

日本も含めた全世界の

頭のおかしなフェミニストどもです。)




繰り返しますがマネーの



「生まれたときは

男女の性の自己認識は中立である

男らしさ、女らしさは等というものは

社会が後から押し付けているだけだ。

それを

『双子の症例』が

証明しているではないか」




という嘘宣伝が

米国社会で大々的になされ、

それが

世界中に浸透していなければ

日本で現在なされている

ジェンダー平等という主張も

「狂気のLGBT法案」も

今頃は存在していなかったのです。



性倒錯や

露骨なポルノグラフィーに対する

ジョン・マネーの

不気味なまでの執着を見れば

このマネーという狂人が、



「ドラッグ

(コカイン、ヘロイン、LSD、大麻)、

乱交、

ロックンロールが戦争を防止する」




と狂信していた



「ベトナム反戦のヒッピー」の同類



(日本でいうところの新左翼、

自民党内にも

新左翼くずれの狂人どもが

大量繁殖しています。

年代的にやや若いですが

岸田文雄も全共闘運動の

思想的洗礼を

受けていることは確実です。

つまり

岸田文雄も確信犯の狂人です。)




に過ぎないことが

容易く推測されます。



ジョン・マネー自らが

自分の青年時代を振り返り



「私はよく思ったものである。

家畜だけでなく、

人間の男も誕生時に去勢されたら、

世界は女性にとって

より良い場所になるのではないかと」




と語っているように、



ジョン・マネーがでっち上げた

「ジェンダー・アイデンティティー」

という概念に基づいた

「LGBT法案」

および

ジェンダー平等思想は

「男性」

もしくは

「男性らしさ」に対する

敵意・憎悪・復讐心を

具現化したものに過ぎません。



先日、襲撃された

援助交際万歳キャンーペンの首謀者

=宮台真司などが

典型的な例ですが、



(朝日新聞と組んで

「子供たちの

『性の自己決定権』云々」

の妄言を垂れ流し

援助交際という名の

日本の少女たちの売春を

普及させるための

大キャンペーンを張った

宮台真司は

頭のおかしな犯罪者で、

日本人ではありません。

日本の女子中高生を

売春婦に貶めることに

快感を感じる狂人ですが

この宮台真司の

双子の兄弟のような輩が

「セーラー服を脱がさないで」の

作詞家・秋元康です。

こいつも日本人ではありません。)




ポスト・モダンやマルクス主義の亜流たる

フランクフルト学派に取り憑かれた

「道徳破壊・倫理破壊の狂信者」や

頭のおかしなフェミニストに共通するのは

復讐心・破壊の衝動

(男性・男らしさ、

あるいは

社会を律する

道徳や規範に対する)です。

彼ら、彼女らは

「それらのものによって被害を受けた」という

個人的な怨念・被害妄想から、

おのれの狂った妄想を

全ての日本国民に強制的に

植えつけようとしているのです。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

 世紀の悪法『LGBT理解増進法案』を推進している連中は「人類の文明が過去kから未来へと無限かつ必然的に進化し続ける。」と考え、自分たちがその進化の最前線、あるいは導き手であると考えている。有名なドラクロワの「民衆を導く自由の女神」の気分である。
 こういう考え方を「ホイッグ史観」という。わかりやすく言うと「無知蒙昧と野蛮の支配する原始の闇の時代から、真理の灯を掲げたヒーローが次々と現れては迷信と因習を打ち破り々、打ち砕き々して壮麗な科学の神殿を作り上げた。」・・・という考え。もっとわかりやすく言えば「勝利者史観」と「進歩史観」を掛け合わせたものだ。ホイッグ史観は科学史上の概念だが科学史以外にも適用される。
 ホイッグ史観では、歴史を「進歩を担った殊勲者」と「進歩に抵抗した頑迷な人びと」との戦いであるととらえ「前者が必ず勝つ、これは歴史の必然である」と信じている。しかし、そんな考えが間違いであることは明らかだ。このような考えはありとあらゆる「古き良きもの」を破壊する。だがバイデン民主党政権とその支持者たちはそれが永遠普遍の真理であると疑わない。
 ホイッグ史観では「進歩の味方」と「進歩の敵」を作り出す必要に迫られる。バイデン民主党政権はジョージ・フロイドという麻薬の売人・人間のクズを黒人差別の殉教者に仕立て上げ、うまうまと民衆を扇動しトランプ大統領を進歩の敵に仕立て上げた。さらに、アンティファやBLMなどの過激派を扇動し、恐らく不正選挙まで使って大統領になっただろうクズだ。バイデン民主党政権が大衆扇動の為に選んだ次のターゲットがLGBTQというワケだ。LGBTQに肯定的な方が進歩の味方、否定的な方が進歩の敵というワケである。

多聞兵衛様、宜しければブログをご覧になって下さい。

多聞兵衛様
shinoshiです。

ブログ
・「失われた細川内閣以降」から脱却を
http://botsubo.publog.jp/
を運営しています。

党議拘束の撤廃、中選挙区制に戻す、憲法9条改正、核保有の実現などを主張しています。是非、ご覧になって下さい。

以上、あなたのご活躍を期待しています。

多聞兵衛