橋下徹は北朝鮮工作員

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。


北朝鮮の核ミサイル開発による

朝鮮半島有事の危機が

日に日に切迫感を増していますが、

元TBSワシントン支局長の山口敬之さんは、

今の段階で


「半島有事の危機を煽るな」等と言ってる連中は

そのほぼすべてが

北朝鮮の毒饅頭を食らった

売国奴であり北朝鮮の犬だと



↑の動画で警告しています。

ということで

元大阪府知事、

元大阪市長の橋下徹が

ついに

その醜悪な正体を表しました。

橋下は韓国へ行き、

ソウルレポートとして韓国からツイッターで


「韓国の人々は平穏に暮らしている。

韓国の人々は、

北朝鮮のミサイルに対する危機感等感じていない。

米国のトランプと日本は危機感を煽るな。

韓国民に被害が出る恐れのある

米国の

北朝鮮に対する武力攻撃など

絶対に反対。

北朝鮮の核保有を認めろ。」


等と訴えています。

しかし、

今の韓国が

どういう状況かと言うと、

「北朝鮮に拉致された日本人を

救出するための

全国協議会(救う会)会長」であり、

韓国・朝鮮問題専門家の

西岡力さんが

↓の記事で言うように、


韓国、倒閣内戦勃発も

文在寅大統領なら「赤化統一」の恐れ、

保守派が「国民抵抗権発動」画策


来る五月九日の韓国大統領選挙で

今現在、支持率で圧倒的優勢な

文在寅という男は、

自分が大統領になれば、


「直ちに開城(ケソン)工業団地と

金剛山(クングンサン)観光を再開する」

つまり

北朝鮮に対する経済制裁を

直ちに解除すると同時に

「北朝鮮に行って最初に

三代目菌豚(ジョンウン)と会談する」

(通常、

韓国の大統領は就任後

最初に米国の大統領と会う)


と述べており、

西岡力さんは、


「文在寅が大統領になれば、

北朝鮮と韓国が

緩やかな連邦制を選択する可能性が高く、

そうなれば今現在は

朝鮮半島の38度線に設定されている

軍事境界線。

『自由主義社会と

狂気の独裁勢力の

境界線』が

対馬

つまり

日本と韓国の間まで下りてくる」

と述べています。

橋下徹の狙いは、


「半島有事の際に

軍事衝突が起きる境界線を

対馬まで下げ

北朝鮮の核ミサイル

あるいは

生物化学兵器ミサイルを

韓国に対してではなく

全て日本に向けさせるまで

米国の対北武力攻撃を阻止し、

時間を稼ぐ」

これです。


橋下徹は北朝鮮の毒饅頭を食らった

北朝鮮の犬と見て間違いないでしょう。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント