反日朝鮮脳と伊達公子

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。




伊達を応援する日本人観客が

伊達のミスや失点に

「あーっ」とため息をもらすと

「シャラップ(黙れ)」「ため息ばっかり」

と激高する伊達公子↓




先日、現役生活を引退した伊達公子が

観客に対してかつて

「シャラップ(黙れ)」「ため息ばっかり」

と暴言を吐いたことを謝罪。↓


http://news.livedoor.com/article/detail/13607354/

▼以下、抜粋引用

引退の伊達が“塩”ざんげ 

観衆に怒声の過去「お許しください」

女子テニスの伊達公子(46)が12日、

2度目の現役生活に終止符を打ち、

これまでの“塩対応”をざんげした。


中略

13年の東レパンパシOPでも、

自分のミスにため息をつく観衆にいらだち、

「シャラップ!」「ため息ばっかり!」と怒声。

「テニスを見ることのレベルが上がってこない」

と日本のファンにダメ出しした。

この日の終幕に際し、

「負けることが大嫌いだった。

コートに立つと

『伊達公子は怖い』といわれたけど、

勝負にこだわってのこと。

お許しください」

とファンに謝罪。


後略

▲以上、引用終わり。

ということで、

伊達公子は、


「勝負にこだわるあまり

観客に対して暴言を吐いた」


と言い訳をしていますが、

そうではありません。

伊達よりももっと強く

勝負に徹底的にこだわっても

自分を応援してくれる観客に対する

感謝の心を常に忘れず、

間違っても

自分を応援してくれる

日本人観客に対して

暴言を吐いたりしない

優れた日本人スポーツ選手は

いくらでもいます。

伊達公子が自分を応援している

日本人観客に対して暴言を吐いた

もっと

根源的、直接的な原因は、

上記に引用した記事の中に

「(日本人は)テニスを見ることの

レベルが上がってこない」


とあるように、

伊達公子が

伊達の御用ライターの

反日朝鮮人・金子達仁に洗脳され

日本人の国民性や

日本の文化に対して誇りを持つのではなく

逆に

それらに対して「侮蔑の念」を持つ

反日朝鮮脳に侵されていたからです。

伊達が観客に対して

暴言を吐いた試合の勝者である

対戦相手のサマンサ・ストーサーが

「観客のため息はどこにでもある」と

伊達の暴言に呆れ返っていたように、


観客のため息は

全世界に共通のことです。


伊達は当時、

「外国人のため息は『オーッ』で

日本人のため息は『あーっ』だから

自分のポジティブなエネルギーを

吸い取られる」


みたいなことを言っていましたが、

そんなことは自身の考え方を

ポジティブな方向に

切り替えれば済むことなのに、


(具体的には例えば、

「オーッ」と「あーっ」と音は違っても

日本人観客も外国人観客も

自分の応援している選手の

失点やミスに対して残念がって

同じように「ため息」をもらしている。

自分も相手も条件は同じだ。

というように)


当時すでに伊達の

御用ライターとなっていた

反日朝鮮人スポーツライター

金子達仁に洗脳され

「日本人は間違ってる、日本人はバカだ」

という

反日朝鮮脳に伊達は侵されていたので、

自分のミスやプレーの拙劣さを

日本人観客の責任にし、

自分を応援している日本人観客を

完全に「敵だ」と見なすことで

自ら精神的ストレスを増大させ、

立ち直るきっかけをつかめず敗退したのです。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント