荒野の用心棒

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。




しばらく更新が滞ってしまいましたが

前回まで何度か連続して


日本の若者や日本人に悪影響を与える

頭のおかしな反日コリア人たちが作り、演じる

キチガイ映画
をご紹介して、

ご覧になっている皆さんの気分を

悪くさせてしまったと思いますので


そういうキチガイ映画とは正反対の

社会に良い影響を与える

素晴らしい映画
を取り上げたいと思います。

それは

黒澤明監督の用心棒をリメイクした

クリント・イーストウッド主演

↓の荒野の用心棒です。



荒野の用心棒↑

映画好きの皆さんなら

ストーリーはご存知だと思いますが、

この映画の最も素晴らしいところは、


「クリント・イーストウッド演じるアウトローが

ギャング同士の抗争を利用して稼いだお金を

小さな子供と

その両親が一緒に暮らすために

親子にすべて渡してしまい、

彼らを逃がす」

というところです。

この


「母親と引き離されている

小さな子供を

両親と一緒に逃がすため

親子にアウトローが

お金を全部あげてしまう」

という設定は、

「今は一時的に

反社会的な生き方をしている人間でも

その行いを正すことができる」

という

「救い」を見ている人間に与えます。

つまり、

この映画を見た人間の中に

悪い人間がいたとしても

その人間を

正しい道に引き戻す可能性がある。

この映画はそういう

優しい映画

だと思います。


頭のおかしな白石和彌

その他のキチガイ連中が作り、

頭のおかしなリリー・フランキー

頭のおかしなピエール瀧

頭のおかしな山田孝之

頭のおかしな蒼井優らが演じる

「一般の善良な日本人を

凶悪犯罪に駆り立てる」

そういうことを目論んだ

今の日本の

頭のおかしな反日コリア人たちが作る

「不気味で邪悪で冷酷なキチガイ映画」


全く正反対の

最高の娯楽作品

見れば気分が爽快になる映画。

それが「荒野の用心棒」です。

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント