山中慎介選手、マーベラス・マービン・ハグラーのように人生の王者に

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。




一九八〇年代に

WBC、WBA、IBF3団体統一の

世界ミドル級王者として無敵の強さを誇った

マーベラス・マービン・ハグラー




そのハグラー

同時代に活躍した

同じく中量級の無敵の強豪

シュガー・レイ・レナード

トーマス・ハーンズ2人と

ハグラーの最大の違いは何か?

それは引退後の彼らの人生と

彼らの試合における姿勢です。

当時、リアルタイムで

彼らの試合を見ていた時は

全然気にならなかったんですが、

全盛期のレナードやハーンズは

対戦相手を必要以上に痛めつけたり、

対戦相手をボコボコに殴り倒した後に

相手を侮辱するような形で

見下ろしながら勝ち誇ったり

ということをよくしていました。


しかし、

ハグラーだけは

そういうことがまったくなかったんです。


「ボクシングのリングは人生の縮図」

ということがよく言われますが、

「人生はリングの拡大版」というのもまた

恐ろしいくらいに真理で、


引退後のレナードやハーンズの人生が

トラブル続きなのに対して

ハグラーだけは

本当に幸せに

悠々と人生を送っています。

(対戦相手を侮辱する

レナードのパフォーマンスは

モハメド・アリの模倣で、

その後の

ヘクター・カマチョ、

ナジーム・ハメドらも

この系譜にありますが、

アリを始め全員見事なまでに、

引退後の人生が

うまくいっていません。

考えてみれば当たり前で、

ハグラーは精神をコントロールするという部分で

アリやレナードその他の者よりも、

遥かに秀でていたのです。

若い頃は誰でも、

アリやレナードのようなパフォーマンスを

カッコ良いと思ってしまいがちですが、

アリやレナードが後進に与えた

悪影響というものに関しても

考えてみるべきだと思います。)


昨日のWBC世界バンタム級タイトルマッチ

山中慎介選手は残念ながら敗れました。

あまりにも理不尽な結果で、

誰が何という言葉をかけても

今の山中選手の心を

慰めることはできないと思いますが

「人生はリングの縮図」という真理に照らし合わせると

ネリという卑劣な男の今後の人生が

どのような道を歩むかは明らかです。


山中慎介選手は

本当に今はつらく、

やり切れない気持ちでいると思いますが、

ネリのような卑劣な男のために、

山中選手の引退後の人生が

悪い影響を受けるようなことは

絶対にあってはならないと思います。


長い時間が必要かもしれませんが

ハグラーと同じように

正々堂々としたボクシング人生を送ってきた

山中選手には

何とか今の悔しい気持ちに打ち勝って、

豪祐君、梨理乃ちゃんのためにも

マーベラス・マービン・ハグラーのように

人生の王者になってほしいと思います。

山中慎介選手現役生活本当にお疲れ様です。

ありがとうございました。


応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

多聞兵衛

Author:多聞兵衛

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる