日本大学アメリカンフットボール部の事件を日本のスポーツ文化破壊に利用する狂人どもの詭弁に騙されないようにしよう

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。




前回書いたことを繰り返しますが、

日本大学アメリカンフットボール部

フェニックスの宮川泰介選手による

相手チームの選手に対する

卑劣な背後からの暴力的タックルは


「日本のスポーツの

悪しき伝統である

勝利至上主義」



「日本の体育会系運動部のシステム」



「日本社会のパワハラ体質」

原因で起きたのではなく、


「スポーツを

人格向上のための教育と捉える

日本の伝統的スポーツ文化」



「勝負事において

卑怯な行為を絶対に許さない

日本人の伝統的国民性」



まったく相容れない

「勝つためなら何でもあり」

という

「極めて戦後、近年の日本的」な思想


原因で起きました。


ところが、

今の日本国内には、


「日本の伝統的スポーツ文化



日本人の伝統的国民性」が

破壊された、

もしくは

著しく変質させられた結果、起きた

今回の暴力事件を


「日本の伝統的価値観の責任だ」と

悪意に満ちた詭弁を弄し

「日本の体育会系運動部の文化」を

破壊しようという

悪質なプロパガンダを行っている

反日的なクズ連中が

大量に繁殖しています。

こういうクズ連中を一言で言えば

「リベラルな輩」と言います。

リベラルとは簡単に言うと、


「あらゆる

宗教的価値観、

伝統、慣習、道徳に

とらわれない」

むしろ、

それらの

「徹底的な破壊」に血道を上げる

という意味ですが

何故、

「リベラルはクズ」なのかと言えば、

たとえば

日本の国技大相撲をみてみましょう。

今の大相撲に

白呆(はくほう)という力士がいます。

正しくは白鵬ですが、

どうしようもないアホなので↓



このブログでは白呆でお願います。

で、この白呆、

日本の伝統文化を象徴する

国技大相撲において

「品格を求められる横綱」

という

立場にあるにもかかわらず

立ち合いで、

「かちあげ」を装った

顔面エルボー(肘打ち)はする、

「張り差し」はする、

「猫騙し」はする、

「目つぶし」はする、

「変化」はする、

土俵にしっかりと

両手をつかないで

相撲を始める、

勝者に与えられる懸賞金を

「分捕る」ような仕草で受け取る、

「勝負がついた後に

意図的に

相手を土俵下に落とす

ダメ押し」



「危ないから止めろ」

と言われ続けながらも

延々とやり続け、

挙句の果てに

土俵下にいた審判の親方に

ダメ押しで叩き落した力士をぶつけ

重傷を負わせる等々、





日本の国技大相撲の伝統に基づき、

およそ

「横綱がやってはいけない」

とされる行為を

あえて全てやり、

多くの正常な日本国民が

激怒しているにもかかわらず

リベラルというクズ連中は

(もはや狂人と言ってもいいでしょう)

白呆について

何と言っていたかというと、

こんな↓感じです。

http://www.sanspo.com/geino/news/20160328/geo16032819550032-n1.html

▼以下、↑の記事から抜粋引用

マツコ、横綱の品格に

「強いことが優先の横綱がいてもいい」

タレント、マツコ・デラックス(43)が28日、

TOKYO MX「5時に夢中!」

(月~金曜後5・0)に生出演。

大相撲春場所で

4場所ぶり36度目の

優勝を果たした横綱白鵬(31)の

品格問題にコメントした。

番組では元横綱朝青龍の

ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏が、

自身のツイッターで白鵬を擁護し、

ブーイングを行った観客に

怒りのツイートを行ったと報じた夕刊紙を紹介。

白鵬は優勝決めた27日の

大相撲春場所の千秋楽において、

注文相撲で日馬富士に勝った結果、

会場の観客からブーイングを浴びていた。

これ対し、テレビ番組などで

たびたび相撲の話題について

触れるなどしてきたマツコは

「例えば、朝青龍じゃないけど、

強いことが優先っていう横綱が

いてもいいと思う」と、コメント。

今場所にたびたび見せた駄目押しで

協会審判部から厳重注意を受けるなど、

その「品格」が問われている

白鵬の姿勢に一定の理解を示した。


後略

▲以上、引用終わり。

言うまでもなく、

「横綱の品格」とは

「勝つためなら何でもあり」

を抑制するための

ブレーキの役割を果たすもので、


かつての全ての横綱は

日本人、外国人を問わず、

その伝統、慣習を守ってきて、

「横綱の品格」を

維持できなくなれば

潔く引退するというのが

日本の国技大相撲の

掟(おきて)であるにもかかわらず、


(日本の伝統文化である

国技大相撲の最高位である

横綱の地位にあるものが

「横綱の品格」を示しながら

勝負においては強さを見せつけ

「横綱の品格」を維持できなくなったら

潔く引退する。

これが延々と繰り返されることで

全ての日本国民の無意識下において

大きなプラスの影響を与えている。

そのことを

白呆の取り巻きの狂人のような連中、

たとえば

小松成美のような反日的な連中は

一般の日本国民よりも

はるかに正確に認識していて

白呆の蛮行を陰で扇動してきたわけです。)

「モンゴル人のオレが

日本人横綱の記録を

全て塗り替えてやる」


という

不気味で邪悪で

反日的な妄執に取り憑かれ


正々堂々とした相撲では、

もはや力が衰えており

勝てないものだから、

立ち合いでの、

顔面エルボー、張り差し、

変化、猫騙し、目つぶし、

ありとあらゆる卑怯な手を尽くし、

横綱の地位にしがみつく、

「勝つためなら何でもあり」の

「戦後、近年の日本」



象徴する存在の白呆を擁護し、

平然と

「強いことが優先の横綱がいてもいい」

と言い放つ、


(しかも、

白呆は

「強い」のではなく

「弱くなったから

卑怯な手を使わないと

勝てない」

というのが現実であるのに、

マツコという鬼畜は

あたかも

過去の日本人横綱が全て

白呆よりも弱いかのような

悪質な印象操作を行っています。)

そして、

「横綱の品格」を強く訴える

正常な日本国民に対して

「外国人の白呆を差別している」

だの

「日本人力士が弱いから妬んでる」等々の

悪罵を投げつける、

これが日本の

鬼畜リベラル勢力の

醜悪な正体なわけです。

ヨコヅナ白呆と日大アメフト部の蛮行は

「勝つためなら何でもあり」という

極めて

「戦後、近年の日本的」な、

言ってみれば

「リベラルな思想」から

当然のごとく生じた現象であるにもかかわらず

それを

「日本の伝統的な

体育会系スポーツ文化」



「勝利至上主義の

日本の伝統的スポーツ文化」



架空の

「日本社会のパワハラ体質」等々に

責任転嫁する

日本の狂人のようなリベラル勢力の嘘に

騙されないように

日本国民の皆さん気を付けてください。

応援クリック↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

多聞兵衛

Author:多聞兵衛

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる